320社カードローンを選ぶ

ジャパンネット銀行カードローンの審査方法や口コミ評価

平均借入額

30万円

総合評価

4.1

2.5%〜18%
1000万円
-
-

過去、ジャパンネット銀行で審査に落ちた方はこちらをお勧めします

ジャパンネット銀行の口コミ評判

総合評価4.1点
満足度審査スピード借入金利
4.14.14.1
サービスの質借入方法返済方法
4.14.14.1

投稿された口コミ51

埼玉大好き人間さん

満足度

急に冠婚葬祭の案内が来たため、今回初めてジャパンネット銀行のカードローンを利用しました。既に銀行口座を持っているので申し込みから審査完了まで早いのではないかと思い利用しましたが、休日に申請したので翌営業日扱いとなり実際に審査が終わったのは3日以上かかりました。

2017/10/27

ゆうこさん

満足度

パソコンやスマートフォンなどインターネットが利用できる環境があれば24時間借り入れを行なえるのが魅力なので利用しました。ところが深夜はホームページに接続出来ないトラブルが多発をしていて快適に利用が出来ないのが不満です。

2017/10/27

ジャパンネット銀行審査データ

  • 職業

  • 年収

  • 年齢

平均データ

平均年収
361万円
最多職種
会社員
平均融資額
30万円
男女比
男性7:女性3
最多年齢
30代

ジャパンネット銀行の詳細情報

ポイント
初回のみ30日間無利息OK
ジャパンネット銀行の口座があればスムーズに借入可能

ジャパンネット銀行のメリット・デメリット

笑顔でこちらを見る女の子

カードローンと聞くと、どこも同じようなサービスなんじゃないの? と思ってしまいがちですが、利用する金融機関によって少しずつ違う部分があります。

では、ジャパンネット銀行のカードローン(ネットキャッシング)には、どんなメリットとデメリットがあるのかを見てみましょう。

メリット: 30日間無利息OK

  • 初回申込の場合、30日間無利息で借入ができる
  • WEB申込OK
  • 返済日は「毎月1~28日、または月末」から選べる
  • 利用限度額が1,000万円までと高額
  • 1円単位で何度でも借入可能

初回申込の場合、30日間無利息で借入ができる

初めてジャパンネット銀行カードローン(ネットキャッシング)を利用する方の場合、何と30日間無利息で借入することができます。

こういった無利息サービスというのは、大手消費者金融で多く行われているサービスです。銀行カードローンとしては、割と珍しいですね。

次の給料日までお金を借りたいなど、短期で完済できる人には、この30日間無利息サービスのあるジャパンネット銀行カードローン(ネットキャッシング)がおすすめです。


WEB申込OK

ジャパンネット銀行は、文字通りネット銀行ですからWeb申込ができるようになっています。

つまり、いつでもどこでもパソコンやスマホ、ケータイを使ってネットキャッシングの申込をすることができるというわけですね。


返済日は「毎月1~28日、または月末」から選べる

またカードローンを利用したい人にとって意外と嬉しいのが、この返済日を選択できるという点。

お勤めの会社によって給料日って異なりますよね。利用するカードローン会社によっては、給料日の直前が返済日なんてケースもありえます。

しかしジャパンネット銀行カードローン(ネットキャッシング)であれば、自分の都合の良い日にちを返済日として指定することができるのです。


利用限度額が1,000万円までと高額

利用限度額1,000万円というのは、カードローン業界の中でもかなり高水準と言える金額です。

みなさんの中には、高額融資を希望される方もいるはずですから、そういった人にとっては助かるでしょう。

ただ基本的に初回契約の方は、いきなり1,000万円を借入できる可能性は高いとは言えません。

またいきなり1,000万円で審査の申込に出しても、審査落ちするか限度額を下げられての融資になるかもしれません。

最初は、少額で借入して後ほど増額申請を出して徐々に増額していく方法がおすすめです。


1円単位で何度でも借入可能

ジャパンネット銀行では、何と1円単位での借入が何度でもできるようになっています。

細かい額を設定することができるので、無駄な借入を避けることができるわけですね。

本当に必要な金額より多く借入してしまうとその分、金利が発生してしまうので返済額も増えてしまいます。

しかしできるだけ借入額を抑えて自分の必要な金額のみ借入できれば、余計な利息の発生を抑え節約することができるのです。

デメリット:最高金利はそこまで良くはない…

  • ジャパンネット銀行の口座がない場合、初回申込から融資まで最短5~7日
  • 金利が年2.5%~年18.0%と、消費者金融会社と同じレベル

ジャパンネット銀行の口座がない場合、初回申込から融資まで最短5~7日

ジャパンネット銀行カードローン(ネットキャッシング)を利用する場合は、まずジャパンネット銀行の口座を開設する必要があります。

そのため、ジャパンネット銀行の口座がないと融資までに最短で5~7日程度かかってしまいます。急ぎでお金を借りたいという人にはあまり向いていません。

しかしジャパンネット銀行の口座をすでに持っている場合は、本人確認資料の提出や初期設定などが不要なので審査に通過すればすぐに借入が可能となっています。

すでにジャパンネット銀行の口座を持っている人に関しては、審査通過後、即日で借入することができるかもしれません。


金利が年2.5%~年18.0%と、消費者金融会社と同じレベル

もう一つ、ジャパンネット銀行カードローン(ネットキャッシング)のデメリットを挙げるとすれば、銀行カードローンの割に金利が高いという点でしょうか。

ジャパンネット銀行の金利は、年2.5%~年18.0%となっており、上限金利だけを見れば大手消費者金融と変わりません。

銀行カードローンの平均上限金利は15.0%と言われていますから、そう考えると少し金利面で損に感じてしまうかもしれません。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの基本情報

案内する女性

融資までの時間 ジャパンネット銀行の口座がある場合はスムーズに融資(口座がない場合、最短で5~7日)
融資限度額 10万円~1,000万円
金利 年2.5%~年18.0%

ここまでのジャパンネット銀行カードローン(ネットキャッシング)の情報をまとめるとこんな感じです。

ジャパンネット銀行の口座をすでに持っている人は、スピーディーに融資してもらうことができます。

金利に関しては、それどほ低いわけではありませんが、借入限度額は1,000万円と業界高水準なのがポイントですね。

借入の際はジャパンネット銀行の口座が必須

ジャパンネット銀行カードローン(ネットキャッシング)を利用するためには、口座の開設が必要です。

銀行カードローンの中には、利用する銀行の口座を開設しなくても利用できるところもありますので、そういった点を考えるとデメリットかもしれません。

ただ銀行カードローンとしては、珍しい30日間無利息サービスなどもあるので口座開設をするメリットもあります。

ジャパンネット銀行の口座持っていない場合は、申込と同時に開設の手続きを行います。

借入に必要なキャッシュカードの受け取りに、郵送で5~7日かかる点に注意してください。

ジャパンネット銀行カードローンの金利

オッケーサインをする女の子

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの金利は、年2.5~18.0%です。
表にまとめると、利用限度額ごとの借入利率はこのようになります。

利用限度額 金利
1,000万円 年2.5%
900万円以上1,000万円未満 年3.0%
800万円以上900万円未満 年3.5%
700万円以上800万円未満 年4.0%
600万円以上700万円未満 年5.0%
500万円以上600万円未満 年5.5%
400万円以上500万円未満 年6.0%
300万円以上400万円未満 年6.5%
250万円以上300万円未満 年8.0%
200万円以上250万円未満 年10.0%
150万円以上200万円未満 年12.0%
100万円以上150万円未満 年15.0%
100万円未満 年18.0%

基本的に借入限度額が高額になればなるほど金利は低くなっていきます。100万円以下だと18.0%が適用されるので、少額融資希望の場合は消費者金融と変わらない金利が適用となります。

ただおまとめローンなど高額融資での利用であれば、金利が低くなる可能性もありますので自分がいくら借りたいのかという点と適用金利を照らし合わせてみてください。

ジャパンネット銀行ネットキャッシング:最短融資の流れ

タブレットを見る女性

「ジャパンネット銀行ネットキャッシングは、まったく初めてです!」という状態から、最短で融資を受けるための流れは以下の通りです。

  • 申込(WEB申込)
  • 収入確認書類の提出(希望額300万円超の場合のみ。FAXで送信)
  • 審査回答(メールで最短60分)
  • 口座開設申込(スマホアプリで送信)
  • キャッシュカード受け取り(郵送で5~7日)

ジャパンネット銀行の審査に関して

パソコン、携帯、スマートフォン
平日・土日祝日 24時間OK(WEB完結申込)

申し込む前に、必要書類を用意しよう

契約時に必要となる書類は『本人確認書類』になります。

運転免許証
健康保険証

本人確認書類は、ジャパンネット銀行カードローンを利用する際に必ず必要となるので、あらかじめ準備しておきましょう。

▶他に用意しておいたほうが良い書類
住民税決定通知書
源泉徴収票
納税証明書
確定申告書

ジャパンネット銀行の返済方法

スマホ越しにこちらを見る女性

返済方法は、以下の2つです。

  • 自動支払い
  • 任意返済

基本は、ジャパンネット銀行の普通預金口座からの引き落としによる返済です。

これに加えて、「臨時に追加返済したい!」というときに、ジャパンネット銀行のWEB上から任意返済ができます。

また返済期日は、下記のパターンから選ぶことができます。

毎月1~28日
毎月月末

自分の給料日などに合わせて設定できるのが助かりますね。

ジャパンネット銀行カードローンの約定返済日スキップ

両手で指をさす女の子

『初回の借入日から20日以内の返済日はスキップする』という、便利なポイントがあります。

どういうことかというと……。

「8月10日に初めて借りた!返済日は毎月22日にしたわ!」
「おいおいお前さぁ、8月10日に借りて毎月22日返済にしたら、8月22日に返さなきゃいけないじゃん!」
「違うんだなぁ。初回はスキップしてくれるから、返済日は来月の9月22日でいいんだよね~^^」
「そうなのか!お前アタマいいなぁ~!」

このように初回については、ゆとりをもった返済ができるということですね。

ジャパンネット銀行の返済額はどれくらい

ジャパンネット銀行ネットキャッシングは、
「残高スライド元利定額返済方式(A)」
(月々の返済額が少なめに設定。月々のゆとりを重視。)
「残高スライド元利定額返済方式(B)」
(月々の返済額が多めに設定。短期間での返済を重視。)
という2つの返済方式を取っています。
(A)と(B)のどちらかを自分で選び、いつでも変更できます。

いずれも『リボ払い』とほぼ同じイメージです。異なる点は、月々の返済額が、借入残高に応じて変動するというものです。

例えば、同じ『50万円以下』でも、(A)よりも(B)のほうが返済額が大きくなります。
そのぶん、(A)よりも(B)のほうが短期間で返済できるということですね。

ジャパンネット銀行の返済額の一例

◆残高スライド元利定額返済方式(A)の場合:
・30万円超~50万円以下であれば、返済額は10,000円
・10万円超~30万円以下であれば、返済額は6,000円
・10万円以下であれば、返済額は3,000円

◆残高スライド元利定額返済方式(B)の場合:
・50万円以下であれば、返済額は10,000円
((B)では3,000円や6,000円の返済額は選べない)

ジャパンネット銀行のATM情報

借入、返済時に以下のATMが利用できます。

三井住友銀行
ゆうちょ銀行
セブン銀行
ローソン
E-net(ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップなど)

三井住友銀行ATM、ゆうちょ銀行ATMに加えて、コンビニのATMを手広くカバーしています。

ATMを利用する際は、条件さえ揃っていれば『ATM手数料無料サービス』が適用されます。

ATM手数料無料サービスの条件としては、下記になります。

  • 「毎月初回だけ無料」
  • 「毎月2回目からは、3万円以上の入出金で無料」

というものに限られます
「毎月2回目からは、3万円未満の入出金は手数料がかかる」
ことに注意してください。

ジャパンネット銀行の審査の申込条件

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの利用の基本的な条件は、以下の通りです。

  • 申込時の年齢が20歳以上70歳未満の方
  • 安定した収入のある方(ただし、専業主婦(女性のみ可)でも、配偶者に安定収入があれば申込OK)
  • ジャパンネット銀行に普通預金口座をお持ちの個人の方
  • 一定の審査基準を満たし、保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方

「え? 保証会社の保証を受けられる方って何?」と思う方もいらっしゃると思います。これは『保証人を誰かにお願いしなくても、担保なしでもOKです。そのかわりに保証会社に付いてもらいますよ』ということですね。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの場合は、同じ三井住友フィナンシャルグループにある、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)が保証会社として付きます。

おまとめローンとして利用するのも1つの選択肢

もう1つの提案

全体的にみると、『利用限度額1,000万円である一方、金利の高さが目立っている』という点がジャパンネット銀行カードローン(ネットキャッシング)の特徴です。

利用限度額の高さはメリットではありますが、最高金利が年18.0%と消費者金融の金利設定と同じというのは、少額を使うユーザーにとってはデメリットかと思います。

それでも利用限度額の高さを考えると、おまとめローン目的として使うことも一考の価値があります。

適用金利は、借入限度額に応じて決定されます。基本的に借入限度額が高くなればなるほど、金利は低くなる場合がほとんどです。

おまとめローンは、複数のカードローン会社からの借入を一本化するローン商品ですので、借入限度額が高くなるケースが多いです。

ジャパンネット銀行は、こんな人にオススメ!

オフィスで電話するOL

  • できるだけ利息を抑えたい方
  • 忙しいからWeb上で申込を済ませたい方
  • 無駄な借入はしたくない方
  • すでにジャパンネット銀行の口座を持っている方

ジャパンネット銀行ネットキャッシングは、『初回30日間無利息』という、銀行カードローンとしては珍しいサービスを取り扱っています。

少額借入の方や短期返済を考えている人で銀行カードローンを利用したい人は、このジャパンネット銀行カードローン(ネットキャッシング)がおすすめです。

またジャパンネット銀行のネットキャッシングは、WEBで手続きができるため忙しい方にもおすすめです。

わざわざ店舗窓口まで足を運んだり、電話をかける時間を捻出する必要がありません。24時間対応のWeb申込で自分の都合の良い時に申込すれば良いだけです。

ジャパンネット銀行カードローン(ネットキャッシング)は、1円単位で借入できるという点も大きな特徴と言えるでしょう。

カードローン会社によっては、1万円単位での借入しかできないところもあります。そういったところだと55,000円借入したくても60,000円借入しなければなりません。

しかしジャパンネット銀行であれば、必要な金額だけ借入することができるので無駄な借入をすることもありません。

平均融資額
30万円
総合評価
4.1
  • 初回のみ30日間無利息OK
  • ジャパンネット銀行の口座があればスムーズに借入可能

公式サイトへ

2.5%〜18%
1000万円
-
-

掲示板

他の方は、こちらの金融会社も見ています

ジャパンネット銀行に関する記事

よく読まれている記事一覧

条件で探す

TOP