ジャパンネット銀行カードローンの審査基準!審査落ちする人の特徴とは?

ジャパンネット銀行カードローンバナー

平均借入額

24万円

総合評価

4.0

1.59%〜18%
1000万円
-
-

現在、ジャパンネット銀行 カードローンの審査申込を検討中の方はこちらもお勧めです

ジャパンネット銀行 カードローンの口コミ評判

総合評価4.0点
満足度審査スピード借入金利
4.04.04.0
サービスの質借入方法返済方法
4.04.14.0

投稿された口コミ57

匿名さん

満足度

>>>>>

CICの異動が響いたのかカードローン審査NG

2019/08/22

匿名さん

満足度

>>>>>

今までローン系は全部審査落ちしてきたけど、ダメ元で申込みしてみたら、審査に通りました
。申込みから本審査結果まで3日ほどかかりましたが、審査に通ったときは胸が踊るほど嬉しかったです!!感謝!!

2019/02/14

ジャパンネット銀行 カードローン審査データ

  • 職業

  • 年収

  • 年齢

平均データ

平均年収
358万円
最多職種
会社員
平均融資額
24万円
男女比
男性7:女性3
最多年齢
30代

詳細平均データをもっと見る

男女別平均データ

男性平均データ

平均年収
376万円
最多職種
会社員
平均融資額
33万円
最多年齢
20代

女性平均データ

平均年収
318万円
最多職種
会社員
平均融資額
17万円
最多年齢
30代

年齢別平均データ

20代平均データ

平均年収
314万円
最多職種
会社員
平均融資額
23万円
男女比
男性7:女性3

30代平均データ

平均年収
377万円
最多職種
会社員
平均融資額
31万円
男女比
男性7:女性3

40代平均データ

平均年収
350万円
最多職種
会社員
平均融資額
26万円
男女比
男性6:女性4

50代平均データ

平均年収
700万円
最多職種
会社員
平均融資額
80万円
男女比
男性10:女性 -

60代以上平均データ

平均年収
500万円
最多職種
会社員
平均融資額
30万円
男女比
男性 -:女性10

職種別平均データ

会社員平均データ

平均年収
388万円
平均融資額
35万円
男女比
男性7:女性3
最多年齢
30代

公務員平均データ

平均年収
500万円
平均融資額
8万円
男女比
男性 -:女性10
最多年齢
30代

個人事業主平均データ

平均年収
500万円
平均融資額
32万円
男女比
男性 -:女性10
最多年齢
30代

専門職平均データ

平均年収
500万円
平均融資額
22万円
男女比
男性 -:女性10
最多年齢
30代

パートアルバイト平均データ

平均年収
500万円
平均融資額
10万円
男女比
男性 -:女性10
最多年齢
30代

カードローンコンペ口コミ利用規約に関する注意事項に同意の上投稿された、審査データをもとに集計しております。

ジャパンネット銀行 カードローンの詳細情報

ポイント
初回のみ30日間無利息OK
ジャパンネット銀行の口座があればスムーズに借入可能

【ジャパンネット銀行 カードローン】は、銀行系カードローンの一つです。
スマホやPCなどを利用すれば、いつでもネット上から申し込みを行うことができます。

しかしジャパンネット銀行 カードローンを利用するには、審査を通過する必要があります。
審査で落ちてしまった場合、サービスを利用することはできません。

そのため申し込みを行う際は、審査の重要ポイントを把握して対策を行っておくことがとても大事です。
審査を有利に進めるために、審査で落とされる原因も確認しておく必要があります。

ジャパンネット銀行 カードローンの金利は、年1.59~18.0%です。
表にまとめると、利用限度額ごとの借入利率はこのようになります。

利用限度額 金利
1,000万円 年1.59%
900万円以上1,000万円未満 年3.0%
800万円以上900万円未満 年3.5%
700万円以上800万円未満 年4.0%
600万円以上700万円未満 年5.0%
500万円以上600万円未満 年5.5%
400万円以上500万円未満 年6.0%
300万円以上400万円未満 年6.5%
250万円以上300万円未満 年8.0%
200万円以上250万円未満 年10.0%
150万円以上200万円未満 年12.0%
100万円以上150万円未満 年15.0%
100万円未満 年18.0%

基本的に借入限度額が高額になればなるほど金利は低くなっていきます。

100万円以下だと18.0%が適用されるので、少額融資希望の場合は消費者金融と変わらない金利が適用となります。

この記事ではジャパンネット銀行 カードローンの審査で重要となるポイントや、審査で落とされる人の特徴などについて解説します。

ジャパンネット銀行 カードローンの審査で重要となるポイント

「審査の際は申込者の返済能力が重視される」など、
審査で重要となる部分を解説する

ジャパンネット銀行 カードローンの審査で最も重要視されるのは、申込者の「返済能力」です。
担当者の方は申込者の信用情報などを確認することで、返済能力の有無を判断します。

信用情報の中には金融商品の申込履歴や、過去の利用実績などが記録されています。
記録されているデータは、どの金融機関でも確認することが可能です。

そのため信用情報を見て返済能力があると判断されれば、収入が少ない方でも審査を通過することができます。
逆に金融事故のデータが残っていた場合、審査を通過するのは非常に困難です。

ジャパンネット銀行 カードローンを申し込む際は、信用情報に注意してください。

申込時は銀行口座も必要

ジャパンネット銀行 カードローンは安定した収入がある方なら、誰でも気軽に申し込むことができます。
しかしジャパンネット銀行 カードローンを申し込む際は、ジャパンネット銀行の口座が必要です。

申込者がジャパンネット銀行口座を持っていない場合は、申し込みの前に口座開設を行います。
手続きにかかる時間や手間が増えてしまうので、融資の受け取りは2~3営業日後になる可能性が高いです。

これからジャパンネット銀行 カードローンを申し込む方は、事前にジャパンネット銀行口座を開設しておいてください。

審査で落とされる人の特徴

前述したように、ジャパンネット銀行 カードローンは返済能力のある方にしか融資を行ってくれません。
そのため審査で落とされた場合は、申込情報のどこかに原因となる要素が含まれている可能性が高いです。

ここではジャパンネット銀行 カードローンの審査で落とされる人の特徴について解説します。

収入が安定していない

基本的にカードローンやキャッシングは、安定した収入を得ている方だけが利用できる商品です。
ですので収入が全くない方や毎月の収入額が安定しない方は、審査を通過するのが難しくなります。

また勤続年数が短い方や勤務時間が極端に短い方も、審査では落とされる可能性が高いです。
金融機関から見た場合、「勤続年数・勤続時間が短い=離職する可能性が高い」と判断されやすくなるためです。

そのため審査を申し込む際は、安定した収入を得ていることが重要になります。
ジャパンネット銀行 カードローンに申し込みを行う時は、勤務時間や勤務年数に気をつけてください。

信用情報に問題がある

過去にクレジットカードなどの金融商品を利用したことがある方は、信用情報に問題がある可能性が高いです。

信用情報に記録された金融事故のデータは、信用情報機関という場所で保管されます。
各データの登録期間は以下の通りです。

事故情報の内容 CICの場合 JICCの場合 KSCの場合
61日以上の延滞 5年 1年 5年
3ヵ月以上の延滞 5年 5年 5年
強制解約 5年 5年
債務整理
(任意整理・個人再生など)
5年 5年 5年
自己破産 7年 5年 10年
代位弁済 5年 5年

登録期間を満了するまで、金融事故のデータは信用情報にも掲載されます。
信用情報に金融事故のデータが残っていた場合、審査を通過することはできません。

もし信用情報に金融事故のデータが残っていた場合は、情報が消去されるまで申し込みを控えるのがベストです。
金融事故を起こした経験がある方は、申し込みを行う前に必ず信用情報を確認しておいてください。

他社での借入が多すぎる

すでに他社の金融機関から借入を行っている方は、借入件数にも注意する必要があります。
借入件数が4社以上だった場合、審査に悪影響が出る可能性が高いです。

多数の金融機関から借入を行っていると、担当者の方に「多重債務者の可能性が高い」と判断されやすくなります。
審査にも少なからず影響が出てしまうので、新規申込を行う際は借入件数を2社以下に減らすのが適切です。

現在複数のカードローンを利用している方は、借入件数を最低2社まで減らした後に申し込みを行ってください。

審査で落ちた時に有効な対策

ジャパンネット銀行 カードローンの審査は、事前に対策を考えておけば有利に進めることができます。
しかし場合によっては対策を行っていても、審査に落ちることがあるかもしれません。

そんな時は他の対策を実践して、不足したお金を確保する必要があります。
ここでは審査で落ちた時に有効な対策を解説します。

他のカード会社へ申し込みを行う

審査で落とされた時に最も有効なのは、他のカードローン・キャッシングに申し込みを行うことです。

各金融機関は、それぞれのカード会社ごとに独自の審査基準を設けていることが多いです。
そのためジャパンネット銀行 カードローンの審査に落ちてしまっても、他の金融機関でなら審査を通過できる場合があります。

特に大手消費者金融は、銀行系カードローンとは審査の仕組みが大きく異なります。
銀行系カードローンの審査に落ちた方でも、場合によっては融資を受け取ることができるかもしれません。

審査に落ちてしまった方は諦めずに、他のカード会社へ積極的に申し込みを行ってみてください。

ジャパンネット銀行 カードローンのメリット・デメリット

笑顔でこちらを見る女の子

カードローンと聞くと、どこも同じようなサービスなんじゃないの? と思ってしまいがちですが、利用する金融機関によって少しずつ違う部分があります。

では、ジャパンネット銀行 カードローンには、どんなメリットとデメリットがあるのかを見てみましょう。

メリット: 30日間無利息OK

  • 初回申込の場合、30日間無利息で借入ができる
  • WEB申込OK
  • 返済日は「毎月1~28日、または月末」から選べる
  • 利用限度額が1,000万円までと高額
  • 1円単位で何度でも借入可能

初回申込の場合、30日間無利息で借入ができる

初めてジャパンネット銀行 カードローンを利用する方の場合、何と30日間無利息で借入することができます。

こういった無利息サービスというのは、大手消費者金融で多く行われているサービスです。銀行カードローンとしては、割と珍しいですね。

次の給料日までお金を借りたいなど、短期で完済できる人には、この30日間無利息サービスのあるジャパンネット銀行 カードローンがおすすめです。


WEB申込OK

ジャパンネット銀行は、文字通りネット銀行ですからWeb申込ができるようになっています。

つまり、いつでもどこでもパソコンやスマホ、ケータイを使ってジャパンネット銀行 カードローンの申込をすることができるというわけですね。


返済日は「毎月1~28日、または月末」から選べる

またカードローンを利用したい人にとって意外と嬉しいのが、この返済日を選択できるという点。

お勤めの会社によって給料日って異なりますよね。利用するカードローン会社によっては、給料日の直前が返済日なんてケースもありえます。

しかしジャパンネット銀行 カードローンであれば、自分の都合の良い日にちを返済日として指定することができるのです。


利用限度額が1,000万円までと高額

利用限度額1,000万円というのは、カードローン業界の中でもかなり高水準と言える金額です。

みなさんの中には、高額融資を希望される方もいるはずですから、そういった人にとっては助かるでしょう。

ただ基本的に初回契約の方は、いきなり1,000万円を借入できる可能性は高いとは言えません。

またいきなり1,000万円で審査の申込に出しても、審査落ちするか限度額を下げられての融資になるかもしれません。

最初は、少額で借入して後ほど増額申請を出して徐々に増額していく方法がおすすめです。


1円単位で何度でも借入可能

ジャパンネット銀行 カードローンでは、何と1円単位での借入が何度でもできるようになっています。

細かい額を設定することができるので、無駄な借入を避けることができるわけですね。

本当に必要な金額より多く借入してしまうとその分、金利が発生してしまうので返済額も増えてしまいます。

しかしできるだけ借入額を抑えて自分の必要な金額のみ借入できれば、余計な利息の発生を抑え節約することができるのです。

デメリット:最高金利はそこまで良くはない…

  • ジャパンネット銀行の口座がない場合、初回申込から融資まで最短5~7日
  • 金利が年1.59%~年18.0%と、消費者金融会社と同じレベル

ジャパンネット銀行の口座がない場合、初回申込から融資まで最短5~7日

ジャパンネット銀行カードローンを利用する場合は、まずジャパンネット銀行の口座を開設する必要があります。

そのため、ジャパンネット銀行の口座がないと融資までに最短で5~7日程度かかってしまいます。急ぎでお金を借りたいという人にはあまり向いていません。

しかしジャパンネット銀行の口座をすでに持っている場合は、本人確認資料の提出や初期設定などが不要なので審査に通過すればスムーズな借入が可能となっています。


金利が年1.59%~年18.0%と、消費者金融会社と同じレベル

もう一つ、ジャパンネット銀行 カードローンのデメリットを挙げるとすれば、銀行カードローンの割に金利が高いという点でしょうか。

ジャパンネット銀行 カードローンの金利は、年1.59%~年18.0%となっており、上限金利だけを見れば大手消費者金融と変わりません。

銀行カードローンの平均上限金利は15.0%と言われていますから、そう考えると少し金利面で損に感じてしまうかもしれません。

事業資金の融資にピッタリなビジネスローンも登場!

ジャパンネット銀行 カードローンで借りたお金は、事業資金として使うことができません。
でも人によっては、「事業を安定させるためにどうしても資金が欲しい・・・」と悩んでいるケースがあるかと思います。
そんな時は、ジャパンネット銀行のビジネスローンがオススメです!

ジャパンネット銀行ビジネスローン_300x250

ジャパンネット銀行のビジネスローンは、法人・個人事業主向けの専用ローンです。
このローンで受け取ったお金は事業資金・設備投資など、事業用であればいろんな目的に使うことができます!

利用限度額の範囲内であれば、自由に借入・返済を行うことが可能です。
そのため急にまとまった額の資金が必要になっても、すぐに対応することができます。
担保や保証人なしで借入できるので、個人事業主や自営業者にもオススメなローンですよ♪

またビジネスローンの返済は、口座からの自動引き落としで行われます。
ローンを返済するために、わざわざ銀行やコンビニへ行く必要はありません。

申し込みする時の手順は以下の通りです。

  • FAX・メールで審査申込を行う
  • 必要書類を提出する
  • 審査結果を確認後、銀行口座を開設する
  • 契約完了後、融資を受け取る

ちなみにビジネスローンの融資可能額は、最大500万円までとなっています。
返済日は10日・20日・月末の中から自由に選ぶことが可能です。

事前にジャパンネット銀行へ連絡を行えば。ビジネスローンに関する質問・悩みを相談することができます。
お問い合わせ・相談窓口は以下の通りです。

ビジネスローンお問い合わせ
ご返済相談窓口
返済相談に関する苦情窓口
TEL 0120-369-079(通話料無料) 03-6739-5037(通話料無料)
受付時間 9:00~17:00 9:00~17:00
休業日 土日祝日・12月31日~1月3日 土日祝日・12月31日~1月3日

「今後も事業を続けていくためにビジネスローンを利用したい!」と考えている人は、ぜひ一度相談してみてくださいね。

ジャパンネット銀行 カードローン:最短融資の流れ

タブレットを見る女性

「ジャパンネット銀行 カードローンは、まったく初めてです!」という状態から、最短で融資を受けるための流れは以下の通りです。

  • 申込(WEB申込)
  • 収入確認書類の提出(希望額50万超の場合、FAXで送信)
  • 審査回答(メールで回答)
  • 口座開設申込(スマホアプリで送信)
  • キャッシュカード受け取り(郵送で5~7日)

ジャパンネット銀行 カードローンの審査に関して

パソコン、携帯、スマートフォン
平日・土日祝日 24時間OK(WEB完結申込)

申し込む前に、必要書類を用意しよう

契約時に必要となる書類は『本人確認書類』になります。

運転免許証
健康保険証

本人確認書類は、ジャパンネット銀行 カードローンを利用する際に必ず必要となるので、あらかじめ準備しておきましょう。

▶他に用意しておいたほうが良い書類
住民税決定通知書
源泉徴収票
納税証明書
確定申告書

まとめ

オフィスで電話するOL

  • できるだけ利息を抑えたい方
  • 忙しいからWeb上で申込を済ませたい方
  • 無駄な借入はしたくない方
  • すでにジャパンネット銀行の口座を持っている方

ジャパンネット銀行 カードローンは、『初回30日間無利息』という、銀行カードローンとしては珍しいサービスを取り扱っています。

少額借入の方や短期返済を考えている人で銀行カードローンを利用したい人は、このジャパンネット銀行 カードローンがおすすめです。

またジャパンネット銀行 カードローンは、WEBで手続きができるため忙しい方にもおすすめです。

わざわざ店舗窓口まで足を運んだり、電話をかける時間を捻出する必要がありません。24時間対応のWeb申込で自分の都合の良い時に申込すれば良いだけです。

ジャパンネット銀行 カードローンは、1円単位で借入できるという点も大きな特徴と言えるでしょう。

カードローン会社によっては、1万円単位での借入しかできないところもあります。そういったところだと55,000円借入したくても60,000円借入しなければなりません。

しかしジャパンネット銀行 カードローンであれば、必要な金額だけ借入することができるので無駄な借入をすることもありません。

平均融資額
24万円
総合評価
4.0
  • 初回のみ30日間無利息OK
  • ジャパンネット銀行の口座があればスムーズに借入可能

お申込みはこちら

1.59%〜18%
1000万円
-
-

他の方は、こちらの金融会社も見ています

条件で探す

TOP