キャッシングの返済にかかる利息をできるだけ抑えたい方必見!

2017年10月5日

キャッシングの返済って大変

キャッシングでお金を借りるということは、当然返済していかなければならないわけですが、利息が発生するため借りた分だけ返済すればいいというわけにはいきませんね。

借りたお金に加えて、利息分も合わせて返済していかなければ完済とはなりません。

借りた以上は、もう返済していくしかないのですが、キャッシングを利用する時は事前にしっかりと金利などについて調べることが大切です。

利用を検討しているキャッシングの金利などを調べることで、返済時に発生する利息や返済額を減らすことができます。

今回は、キャッシングの返済負担(返済額や利息)をできるだけ抑える方法を紹介していきたいと思います。

キャッシングは金利を理解してから利用すべし!

小銭

キャッシングを利用する時は、計画性を持って利用することが大事です。『ご利用は計画的に。』なんて言葉をみなさんも聞いたことがあると思います。

特に金利について理解しないままキャッシングを利用してしまうと、返済時に想像以上の負担が降りかかり返済が大変になってしまいます。

借入額に対して金利(%)をかけることで、利息を計算することができます。ですから金利が低くなればなるほど利息は安くなっていきます。

つまり利息を抑えることで、返済負担も軽減することができます。そして利息を抑えるためには、できるだけ低金利のキャッシングを利用する必要があるというわけです。

利息はお金を借りるための手数料みたいなもの。

キャッシングの金利は上限金利を見ること

キャッシングの利用経験がない方だと、金利を見る際にどうしても下限金利を見てしまいがちです。金利は、よく『年4.5%~年18.0%』みたいな感じで表記されます。

上記の例で言うと『4.5%』が下限金利で『18.0%』が上限金利となります。金利は、この下限金利と上限金利の範囲内で、借入限度額に応じて適用されます。

そして金利の決定は、実際に審査を受けてみないことにはわかりません。ただ初めてキャッシングを利用する場合は、上限金利が適用されることがほとんどです。

そのため、キャッシング業者を選ぶ際は、下限金利ではなく上限金利に注目するようにしましょう。
→(低金利の銀行カードローンは初めて利用する人におすすめ!

金利が下がるだけで返済額はいくら変わる?

お金マークを指で作る

極端な例ではありますが、金利3.0%と18.0%でどれくらい返済総額が変わってくるのか調べた記事がありますので読んでみてください。
→(カードローンの金利3.0%と18.0%で返済額はいくらか計算してみた

金利が低くなればその分返済総額も下がる

先ほどの記事から一部引用してみました。

これは、アコムの金利別の返済総額などを表にまとめたものです。

金利18.0%の場合の返済総額

借入金額 返済期間 返済回数 各回返済額 返済総額
10万円 1年以内 10回 11,000円 109,710円
2年以内 20回 6,000円 118,930円
3年以内 25回 5,000円 123,709円
4年以内 33回 4,000円 131,987円
5年以内 51回 3,000円 150,105円

金利3.0%の場合の返済総額

借入金額 返済期間 返済回数 各回返済額 返済総額
10万円 1年以内 10回 11,000円 101,473円
2年以内 18回 6,000円 102,617円
3年以内 26回 4,000円 103,915円
4年以内 36回 3,000円 105,257円
5年以内 36回 3,000円 105,257円

上記は、金利3.0%と18.0%を比較しているので、違いが明確にわかりますね。もちろん3.0%の適用は難しくても、できるだけ低金利のキャッシングを選べば、その分返済総額を抑えることができます。

キャッシングする時はできるだけ低金利のカードローンを選ぼう!

利息だけじゃなく返済回数も少なくすること

電卓を見せる男性

先ほどの表を見てもらうとわかるのですが、キャッシングの返済負担を抑えるためには、利息だけではなく返済回数にも注目することが大切です。

例えば、金利が低くなったのに返済回数が長引いたことで、結果的に返済総額が前よりも高くなってしまうケースもあります。

毎月の返済額を少なくすれば、月々の支払い負担は軽減されますが返済回数は長引いてしまいます。

金利は、利用中ずっと適用されます。一回あたりの返済額を増やすことで返済回数をできるだけ少なくし早く完済を目指せば、無駄な利息を抑えることができるというわけです。

余裕がある時は積極的に繰上返済!

キャッシングで毎月の返済は、元金+利息にあてられます。つまり毎月の返済額から利息を引いた分が、元金の返済にあてられるということです。

繰上返済を行なって毎月の返済額を多くすることで、その分元金の返済にあてる分が増えます。

元金が減っていけば、毎月の利息も少なくなりますし、完済が早まることでも利息の節約に繋がるのです。

余裕のある月は、1,000円でも多く繰上返済をしよう

借入金額は必要最低限に抑えよう

札束を見せる男性

  • キャッシングする時はできるだけ低金利のカードローンを選ぼう!
  • 余裕のある月は、1,000円でも多く繰上返済をしよう

キャッシングの返済負担を抑えるためには、できるだけ利息を抑えることが大切です。そして利息を抑える方法として、上記の2点をお話してきました。

繰上返済をすることによって早期完済を目指せば、経済的だけではなく精神的にも“借金”という縛りから早く解放されるでしょう。

さて、この他にも『そもそもの話』にはなってしまうのですが、借入金額は必要最低限に抑えるようにしましょう。

つい余裕を見て多めに借入してしまう人

キャッシングを利用している人の中には、つい余裕を見て多めに借入してしまう人もいるようです。

さらには、自分の口座に振込されると、自分の口座からお金を引き出す感覚でついお金を借りすぎてしまうなんて人も珍しくありません。

必要以上に借入してしまうと、当然のことながらその分返済負担が大きくなってしまうので注意が必要です。

またよほどキャッシングに執着していない限りは、利用限度額の増額の話がキャッシング業者から来ても断るようにしましょう。

借りるのは、本当に必要な分だけにしましょう。必要以上に借金を増やしてしまうと、その後の返済が大変になります。

【まとめ】キャッシングの返済負担を抑える3つのポイント

パソコン越しのいいね

  • キャッシングする時はできるだけ低金利のカードローンを選ぼう!
  • 余裕のある月は、1,000円でも多く繰上返済をしよう
  • 借りるのは、本当に必要な分だけにしましょう。

キャッシングの返済をする際に発生する利息や返済額をできるだけ少なくするためには、上記の3つのポイントを意識してみてください。

低金利カードローンを利用するのであれば銀行がおすすめですが、消費者金融カードローンは30日間無利息サービスが利用できるところもあります。

借入額や返済期間などの計画もしっかりと立てて、キャッシングを利用するようにしましょう。

審査データ一覧

関連記事

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.4

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

自分はアルバイトなので審査結果が不安だったのですが、無事審査も...

続きを見る

悪い匿名さん

アルバイトでお金がなかったので、生活費を借りました。金利が17.8...

続きを見る

平均融資額
-
総合評価
4.4
  • auユーザーに使いやすい
  • 提携ATMの手数料無料

公式サイトへ

2.2%〜17.5%
10万~800万
-
-
良い匿名さん

auユーザーは借りやすいです!

続きを見る

3

アコム

4.4

平均融資額
10万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービス
  • 融資まで最短1時間

公式サイトへ

3.0〜18.0%
1万円~800万円
最短30
最短1時間
良い匿名さん

ちゃんと計画的に利用すれば何も不便なことはないし、 対応が悪い...

続きを見る

悪い匿名さん

友人の結婚式などに呼ばれることとなり、それが立て続けに発生した...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

掲示板

TOP