320社カードローンを選ぶ

キャッシングとは

2016年12月20日

キャッシングとは、キャッシングカードやクレジットカードを利用して、消費者金融の窓口やATM、キャッシュディスペンサーなどからお金を借りることができるサービスのことをいいます。

引き出せる金額の上限は契約内容によって異なりますが、決まった限度額内であれば必要な分を何度でも借りることができるのです。これだけ聞くと、キャッシングはとても便利なもののように感じられますが、当然のことながらキャッシング利用時には注意点もあります。

金利とは何?
金融機関などからお金を借りた際、利息が付くことが一般的ですが、キャッシングも例外ではありません。

キャッシングをした場合、返済時には利息の支払いが生じます。この利息を計算する際に用いられるのが「金利」です。

よくテレビのコマーシャルなどで「金利18%」といった表示を見かけるかと思いますが、例えば「金利18%」なら、借りたお金に対して、18%の利息を支払わなければなりません。

もし、10万円を借りたとすると、支払う利息は18,000円(10万円×0.18)。同じ「金利18%」で50万円を借りたとすると、支払う利息は90,000円(50万円×0.18)にも上ります。

キャッシングとは01

ただ、キャッシングの利息は毎日発生します。そのため、実際の計算では実質年率で出した利息を365日で割ることになります。先ほどの10万円を借りた例なら、18,000円÷365日=約49円となるので、毎日49円ずつ利息が上積みされていく計算です。

また、通常、キャッシングの契約前には審査があるため、キャッシングを利用するには、審査を受け、その審査に通過する必要があります。

言い換えれば、貸出先の信用度や返済能力を判定されたうえで、一定の基準を満たしている人だけがキャッシングを利用することができるのです。ここでは、一般的なキャッシング審査のポイントについて、ご説明しましょう。

年収

年収
キャッシングを利用するのに、どれくらい稼いでいるかは非常に重要な目安

そのまま返済能力として認識されます。もちろん、年収が多ければ多いほど審査には有利ですし、キャッシングで利用できる上限額も高くなりますが、一般的な収入があれば、年収だけが理由で審査に落ちることはないでしょう。

職種・勤務先

職種・勤務先
収入の安定度を見られますアルバイトや派遣社員といった非定期社員よりは正社員の方が有利といえます。

また、勤務先も収入の安定度として見られ、誰もが知っているような上場企業に勤務しているとなると、やはり審査には有利に働きます。さらに、勤続年数もポイントに。

勤続年数が長ければ、簡単に会社を辞めて無収入になるリスクの少ない人と判断されます。もし、会社を辞めることを考えている場合は、退職前にキャッシング審査を受けておくと良いでしょう。

借入件数・借入金額

すでに他から借入をしている場合、その件数と金額によっては、新たなキャッシング審査に不利になることがあります。

もし、多くのところから借入をしていれば、返済してもらえなくなる可能性が高いのではないかと考えられるからです。

年齢

年齢は若い方が、キャッシング審査は有利だといわれています。それは、就業面や健康面に関して若い人の方が、リスクが少ないためです。

ただし、今回ご紹介したキャッシング審査のポイントは、あくまで一般的な内容です。キャッシングサービスを提供する金融機関によって審査項目は多少異なりますし、年収が少々低かったり、高齢者であったりしても、審査結果は申し込んでみないとわかりません。

なお、消費者金融に比べて銀行の方が、審査が厳しいといわれています。

注意点としては、キャッシング審査において嘘をつくことはやめましょう。かなりの確率で見破られてしまいますので、そうなれば、キャッシングを利用することは難しくなります。キャッシング審査では、ありのままに対応することを心がけてください。

ここからは、キャッシングの種類についてご説明します。キャッシングには大きく分けて4つの種類があります。

  • 大手消費者金融会社
  • 銀行系カードローン
  • クレジットカード
  • 闇金や街金

それぞれのキャッシングの特徴は以下の通りです。

キャッシング(1)大手消費者金融会社

現金を貸す「貸金業」を営む消費者金融会社が提供するキャッシングの特徴は、銀行などの融資に比べて、借入の手続きが簡単なことが特徴です。

最短で即日の利用が可能。しかも、キャッシングの申し込みから数十分というスピード借入もできます。返済は「一括返済」が基本で、金利は実質年率3.0%~18.0%程度。

また、キャッシング専用のカードを使って現金を引き出せたり、Web操作で銀行口座に振り込んでもらえたりできるため、利便性の高さもメリットと言えます。

キャッシング(2)銀行系カードローン

大手消費者金融会社のキャッシングとサービス内容はほぼ同じですが、銀行系カードローンでは年収の3分の1以上の借入という、大口融資を受けることができます。

というのも、消費者金融会社や信販会社、クレジット会社には、個人の借入総額が年収の3分の1まで制限される「貸金業法」の「総量規制」が適用されていますが、銀行系カードローンは対象外なのです。

ただし、銀行が独自の審査をしており、その審査は大手消費者金融会社と比べて厳しい傾向にあるため、そもそも銀行系カードローンを利用できないというケースも少なくありません。

キャッシング(3)クレジットカード

主にショッピングで使用するクレジットカードには「キャッシング機能」が付いているものがあります。

このキャッシング機能を使えば、クレジットカード提携先のATMなどでお金を借りることができるクレジットカード提携先のATMなどでお金を借りることができるため、便利です。

金利は実質年率8.0%~18.0%程度のところが多く、一括返済が基本ですが、返済方法をリボ払いに変更することも可能です。ただし、クレジットカードを作った段階においては、キャッシング限度額は10万円程度であることが一般的であるため、希望する金額をまとめて借りられないケースもあります。

キャッシング(4)闇金や街金

「誰でもキャッシング」「審査なしでキャッシング」「ブラックでもOK!」などと甘い言葉で誘惑する闇金や街金は、絶対に利用してはいけません。軽い気持ちで、ごく少額のキャッシングをしたはずなのに、気づけば利息が膨らんで借入額が数百万円に……なんてこともありえます。キャッシングの不健全なイメージは、闇金や街金の横暴が少なからず影響していることは間違いないでしょう。

現在、貸金業法などにより、利息制限法の上限金利を超える部分は無効とされ、年率20%を超える契約は刑事罰の対象に。また、闇金や街金対策として、無登録営業などの懲役刑が5年から10年に引き上げられ、悪質な取り立ても貸金業法により禁止されています。

大手消費者金融会社は、財務局に登録し、かつ、日本貸金業協会に加盟している企業です。急な出費に困ったとしても、闇金や街金には決して手を出さず、法律を順守している金融機関のキャッシングを利用するようにしましょう。

では、大手消費者金融会社の中から人気のキャッシング会社をご紹介しましょう。

アコム 実質年率/3.0%~18.0%

4.1

アコム

平均融資額
11万円
総合評価
4.1
  • 30日間無利息サービス
  • 融資まで最短1時間
3.0〜18.0%
1万円~800万円
最短30
最短1時間

アコムでは全国にある専用ATM、提携ATMで入金、出金が可能。利便性は抜群です。

ただし、専用ATMでは手数料無料ですが、提携ATMの場合は手数料がかかります(取引金額1万円以下:108円、取引金額1万円超:216円)。また、事前に指定の金融機関にて「インターネットバンキング」の契約をすれば、インターネットの手続きだけで金融機関からの返済が可能となる「インターネット返済」も便利。

なお、アコムでは、30日間金利0円の無利息サービスを実施しています。対象となるのは、初めての契約で、返済期日「35日ごと」を選択した場合。アコムでは審査回答最短30分で即日振込にも対応してもらえるため、お急ぎの方にもおすすめです。

プロミス 実質年率/4.5%~17.8%

4.5

プロミス

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK
4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間

三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、最大手クラスの消費者金融。最大手の安心感は、初めてキャッシングを利用する人には特におすすめです。

アコム同様、30日間無利息の無利息サービスを実施していますし、「瞬フリ」という24時間最短10秒で振込み対応してもらえるサービスもあり、利便性も高いといえます。

なお、30日間無利息の対象となるのは、初めてのプロミス利用でEメールアドレスを登録のうえ、Web明細を利用することが必須。また、瞬フリの利用には、三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座が必要です。

インターネット返済や口座振替といった基本的なサービスはもちろん、郵送物が一切なく、契約をインターネットだけで完結できる※「WEB完結」もあり、利用者の幅広いニーズに応えています。
※対象金融機関は200行以上あります。

アイフル 実質年率/4.5%~18.0%

4.2

平均融資額
11万円
総合評価
4.2
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日
4.5%〜18.0%
1,000円~500万円
最短30
最短1時間

アイフルの最大の特徴は、独立系であること。大手のメガバンクグループには属さない独立系の消費者金融です。

親会社の意向に左右されることなく、自由な経営や独自の審査基準を設けることができるのが強みといえるでしょう。

そんなアイフルならではのサービスとしては「配達時間えらべーる」が挙げられます。15時までに契約手続きを完了すれば、翌日にはカードの受け取りができるのですが、カードの配達日時を6つの時間帯から選ぶことができます。

キャッシング利用を家族に知られたくない人にはうれしいサービスではないでしょうか。

また、アイフルも「無利息サービス」として「30日間無利息サービス」を実施しています。対象となる条件は、初回契約かつ、無担保キャッシングローンを利用すること。最短30分で審査は完了し、即日融資にも対応してもらえるため、利便性も他の消費者金融に引けを取りません。

レイク 実質年率/4.5%~18.0%

レイクのカードローン

平均融資額
20万円
総合評価
4.2
  • 返済日の自由度が他より高い
  • 初回は「30日間無利息」または「5万円まで180日間無利息」
4.5%〜18%
1万~500万円
申込み完了画面に表示
契約完了後、最短即日融資

レイクは、今でこそ銀行になっていますが、一昔前までは消費者金融でした。

そのため、他の消費者金融とは少し異なる特徴があります。レイクは、銀行カードローンのため「銀行法」という法律に基づき、お金を貸しています。

消費者金融のように「年収の3分の1以上のお金を貸してはいけない」という「総量規制」は設けられていません。よって、レイクでは、年収の3分の1以上の金額をキャッシングすることもできます。ただし、その分、他の消費者金融に比べて審査は厳しい傾向にあります。

なお、レイクには2種類の「無利息サービス」が用意されています。

ひとつは「5万円まで180日間利息0円」。もうひとつは「500万円まで30日間利息0円」です。前者は200万円まで借りることができますが、5万円を超えた分に関しては通常金利が適用されます。

200万円以上、借りた場合は自動的に後者が適用されますが、借りた金額に関係なく、後者のキャンペーンを選ぶことも可能です。ただし、両方を併用することはできません。また、どちらも初回契約のみ対象の「無利息サービス」です。

他にも、女性専用窓口、振り込み、ATMでの借入・返済、最短即日融資など、他の消費者金融にもサービスは基本的にカバーされています。

キャッシングとカードローンの違い

レイクの話が出たところで、似て非なる「キャッシングとカードローンの違い」について解説します。

「大手消費者金融会社のキャッシング」と「銀行系カードローン」。この二つは「お金を借りることができるサービス」という点では同じです。「大手消費者金融会社のキャッシング」と「銀行系カードローン」の大きな違いは、返済方法にあります。

キャッシングとは02

前述したとおり、「大手消費者金融会社のキャッシング」には「貸金業法」の「総量規制」が適用されるため、基本的には小口融資(50万円前後程度)となります。そのため、「大手消費者金融会社のキャッシング」の返済方法は「一括返済」がベースにはなっています。

一方、「銀行系カードローン」は上記「総量規制」の対象外であるため、大口融資をする際に使われます。よって、
「銀行系カードローン」の返済方法は自ずと「分割(リボ)払い」に。なお、金利は「大手消費者金融会社のキャッシング」の方が「銀行系カードローン」に比べて高い傾向にありますが、「一括返済」をすれば利息分の支払いは少なくなります。「銀行系カードローン」の場合、大きな金額を少しずつ返していくため、長期的に見れば、利息分の支払いが高額になることは避けられません。

とはいえ、実際には「大手消費者金融会社のキャッシング」でも、小口融資を分割返済することが多いでしょう。そのため、必要な金額を精査したうえで、「大手消費者金融会社のキャッシング」と「銀行系カードローン」のどちらのキャッシングサービスを利用するのかを選ぶと良いと思います。

【参照】キャッシングとカードローンの違いは?

まとめ

今回は、キャッシングの概要をお伝えしました。キャッシング利用前には基本的なポイントを押さえ、正しく理解しておくことが大切といえるでしょう。

審査データ一覧

関連記事

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

冠婚葬祭で急にお金が必要になりカードローンを初めて利用しました...

続きを見る

悪い匿名さん

借入が容易であると友人から聞き、プロミスを利用しました。急な転...

続きを見る

平均融資額
16万円
総合評価
4.5
  • WEB完結や郵送・会社への電話・来店すべてなし
  • 即日融資OK

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
良い匿名さん

友人や会社の同僚の結婚式が立て続けにあり、貯金が底をついてきた...

続きを見る

悪い匿名さん

モビットはすべてWEBで契約することができ、借り入れまでの審査時...

続きを見る

平均融資額
17万円
総合評価
4.2
  • 最高金利の低さが14.0%と目立つ
  • 限度額10万円~800万円と高額借り入れも可能
    ※ご利用は計画的に

公式サイトへ

2.0%〜14.0%※注釈(1)
10万円~800万円
-
-

※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。
※ご利用は計画的に!

良い匿名さん

年利18%のクレジットの返済の為に借り入れしました。メガバンクな...

続きを見る

悪い匿名さん

借り入れも返済も非常に便利で、とても使いやすかったです。これな...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

掲示板

TOP