カードローンを借り換えると利息が驚くほど安くなる!メリットや注意点を解説

2019年8月23日

現在カードローンを使っている方の中で、利息や返済日に不満を感じている人はいませんか?

「毎月の返済額が高すぎる」「返済日を統一したい」など、こうした悩みを解消するにはカードローンの借り換えが有効です!
借り換えでカードローンを変更すると、利息が驚くほど安くなる場合があります。

しかし賢くカードローンを借り換えるには、入念な情報収集が必要です。
メリットや注意点を確認せずに借り換えをしてしまうと、逆に悩みが悪化しまう危険性があるんです。

ここでは、借り換えによって実感できるメリットや注意点などについて解説します。

カードローンを借り換えることで実感できるメリット

カードローンの借り換えを行うと、3つのメリットを実感することができます。

・ローンの利息が安くなる
・返済日を統一することができる
・返済総額を減らすことができる

ここではそれぞれのメリットについて詳しく解説します。

ローンの利息が安くなる

カードローンの借り換えは、ローンの返済負担を軽減したい方にオススメな対処法です。

下の表を見てもらえばわかるように、カードローンの金利はそれぞれの商品ごとに異なります。

カードローン名 金利(実質年率)
プロミス 年4.5%~17.8%
アコム 年3.0%~18.0%
アイフル 年3.0%~18.0%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%

そのため利用するローンによっては、毎月の利息が高額になってしまう場合があります。

ですが借り換えによってカードローンを金利の低いものへ変更すると、ローンの利息を減らすことができます!
毎月の返済額も安く抑えることができるので、ローンの返済難を解消するのに最適です。

返済日を統一することができる

カードローンは複数契約していると、返済日がバラバラになってしまうことが多いです。

しかし借り換えによってカードローンを一つにまとめると、返済日を1日に統一することができます。
ローンの返済にかかる手間や時間を節約したい方にオススメです。

返済総額を減らすことができる

カードローンの借り換えを行うと、利息が安くなることでローンの返済総額も減らすことができます
ローンの返済にかかるお金を少しでも節約したい方に最適です。

たとえばプロミスから5万円借りていた場合、1年間の返済総額は以下の通りです。

カードローン名 返済総額
プロミス 54,942円

しかし途中で三井住友銀行へと借り換えを行った場合、返済総額は以下のように変化します。

カードローン名 返済総額
三井住友銀行カードローン 54,008円

このようにカードローンの借り換えを行うと、返済にかかる費用を節約することができます。

返済費用を少しでも減らしたいという方は、ぜひ一度借り換えを検討してみてください。

借り換えにおすすめなカードローン3選

みずほ銀行カードローン
4.0

平均融資額
17万円
総合評価
4.0
  • 年2.0~14.0%と低金利が魅力
  • 限度額10万円~800万円と高額借り入れも可能
    ※ご利用は計画的に
2.0%〜14.0%※注釈(1)
10万円~800万円
-
-
※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。
※ご利用は計画的に!
三井住友銀行カードローン
4.1

三井住友銀行カードローン

平均融資額
-
総合評価
4.1
  • ローン契約機ならその場でカード受け取り可能
  • 借入限度額が10~800万円
4.0%〜14.5%
10~800万
-
-
りそなプレミアムカードローン
3.4

りそな銀行カードローン

平均融資額
-
総合評価
3.4
  • 最高金利が年12.475%と高水準金利
  • 2種類のカードローンで
3.5%〜12.475%
10万円~800万円
最短即日(りそな銀行の口座が必要)
10日前後

カードローンを借り換える時の注意点

 

カードローンの借り換えは利息を節約したり、返済日をまとめたりするのに最適です。
しかし借り換えを行う際は、以下の点に注意する必要があります。

借り換えの審査は初回審査より厳しい

借り換えやおまとめ向けのカードローンは、利用限度額が高額に設定されています。
ですが利用限度額が高い分、審査もそれなりに厳しいです。

審査の際は申込者の信用情報や収入が入念にチェックされます。
銀行や消費者金融から「この申込者は信頼できない」と判断された場合、融資を受け取ることはできません。

カードローンの借り換えを行う際は、事前に信用情報などを確認しておいてください。

ちなみに信用情報は、以下の信用情報機関で確認することが可能です。

《CICの公式サイト》

《JICCの公式サイト》

《全国銀行個人信用情報センター》

利息が安くなるかはローンの限度額次第

カードローンの金利は、利用限度額が高くなるほど下がっていきます。
そのため利息を安く抑えるには、限度額の高いローンを選ぶのがベストです。

たとえば三菱UFJ銀行カードローンの場合、金利は以下のようになります。

利用限度額 金利(年率)
10万円以上100万円以下 13.6%~14.6%
100万円以上200万円以下  10.6%~13.6%
200万円以上300万円以下  7.6%~10.6%
300万円以上400万円以下  6.1%~7.6%
400万円以上500万円以下  1.8%~6.1%

この場合だとカードローンの限度額を400万円以上に設定できれば、金利を6.1%に抑えることが可能です。
しかし限度額が100万円以下だと、金利は14.6%まで上がってしまいます。

借り換えを行う際は、カードローンの金利・利用限度額を確認することがとても重要です。

これからカードローンの借り換えを行う方は、事前に利用限度額や金利をよく確認しておいてください。

最高限度額で借入するには実績が必要

カードローンは審査さえ通過することができれば、数百万円以上の融資を受け取ることもできます。
しかし、初回申込時に数百万円の融資を貸してくれる会社はまず存在しません。

銀行や消費者金融が融資を行う際は、申込者の返済能力や実績が重要視されます。
実績が全くない状態で高額融資を希望しても、審査落ちする可能性が高いです。

そのためカードローンの利用限度額を高くするには、実績を重ねながら徐々に限度額を増やしていくのがベストです。

期日通りにローンの返済を続けていけば、実績を集めることで自分の返済能力をアピールすることができます。
カードローンの借入限度額を最高まで上げたい方は、地道にこうした対応を続けていってください。

カードローンを借り換える時の手順

カードローンの借り換えを行う際の手順は、以下の通りです。

  • 自動契約機・公式サイトなどから申し込みを行う
  • 申込書類・本人確認書類などを提出する
  • 審査終了後、結果内容を確認する
  • 契約手続きを行う
  • 契約完了後、融資を受け取る

審査にかかる時間は、それぞれの銀行・消費者金融ごとに異なります。

銀行系カードローンは最短で翌営業日以降になることが多いです。
消費者金融よりも金利が低い分、慎重な審査が行われているのだと思われます。

消費者金融系カードローンは、早ければ申込日当日に審査結果を確認することができます。
金利は銀行より高く設定されていますが、審査スピードはかなり速いです。

借り換えを行う際は、自分の目的に適したカードローンをお選びください。

高額融資を希望する場合は銀行カードローンがベスト

銀行系カードローンの中には、利用限度額の高いカードローンが多数存在します。

以下の表は銀行の利用限度額を表したものです。

カードローン名 (最大)借入限度額
バンクイック(三菱UFJ銀行)  500万円
三井住友銀行カードローン  800万円
みずほ銀行カードローン  800万円
じぶん銀行カードローン 800万円
横浜銀行カードローン 1000万円
オリックス銀行カードローン 800万円
りそなカードローン 800万円
千葉銀行カードローン 500万円
楽天銀行カードローン 800万円

大半の銀行は、最大800万円まで融資を行ってくれます。
複数のカードローンを利用している方でも、カードローンを一本化することが可能です。

また銀行系カードローンは、金利も消費者金融より低めに設定されています。

カードローン名 金利(年率)
バンクイック(三菱UFJ銀行) 1.8%~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
じぶん銀行カードローン 2.1%~17.4%
横浜銀行カードローン 1.5%~14.6%
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%
りそなカードローン 3.5%~13.5%
千葉銀行カードローン 1.7%~14.8%
楽天銀行カードローン 1.9%~14.5%

たとえ最大限度額で借入できなかったとしても、ローンの利息は消費者金融よりも安くなります。
毎月のローン返済額・返済総額を最小限に抑えたい方にうってつけです。

銀行は総量規制の影響を受けない

銀行系カードローンは審査さえ通過することができれば、消費者金融の審査に落ちた人でも利用することが可能です。

まず消費者金融系カードローンは、【総量規制】によって借入額が制限されています。

・総量規制とは
利用者の過剰債務などを予防するため、2010年に導入された法律のことです。
総量規制により、個人が借入できる金額は年収の1/3までとなっています。

この法律があるため、すでに借入額が年収の1/3を超えている方はそれ以上借入を行うことができません。
当然カードローンの借り換えも実行不可能です。

しかし銀行系カードローンは総量規制の対象外となっているため、借入額が総量規制を超えている方でも申込内容によっては利用できる場合があるんです。

消費者金融の審査に落ちたという方は、ぜひ一度相談を行ってみてください。

まとめ

 

カードローンの借り換えについていろいろ解説しましたけど、いかがでしたか?

ローン返済時の利息・手間・時間を減らしたい時は、カードローンの借り換えを行うのがオススメです!
しかしただ単に借り換えを行うだけでは、逆に損をしてしまう可能性があります。

賢くカードローンを借り換えるにはいろんな金融商品の金利や利用限度額を調べ、自分に合ったものを見つけることが大切です。

これからカードローンを借り換える方は情報収集を行い、自分の目的に合うカードローンを探してみてください。

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.4

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

お申込みはこちら

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

すごくたすかりました。ありがとうございます

続きを見る

悪い匿名さん

気になってる方も多いと思いますが書きます。 ここは使わない方がいいと思います。 仮審査→即OK もうこの時点で逆に不審に思いました。 審査機関をこ...

続きを見る

平均融資額
15万円
総合評価
4.3
  • WEB完結で電話連絡なし・郵送物なし
  • ノンバンク部門 顧客満足度ランキングNo.1

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
良い匿名さん

冠婚葬祭が重なり急遽お金が必要になってしまったことがあり慌ててローンを組んだことがありました。何とか延滞せずに完済することができましたが、延滞する...

続きを見る

悪い匿名さん

この会社は大手の銀行グループに属しており、安心できると思って申し込みをしました。ここではあえて悪かった点を書きます。後で知ったことですが、他の大手...

続きを見る

4

アイフル

4.2

平均融資額
10万円
総合評価
4.2
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

お申込みはこちら

3.0%〜18.0%
1,000円~800万円※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
最短30
最短1時間
良い匿名さん

冠婚葬祭で急遽必要で、申し込みました。スムーズでビックリ。 夫には内緒なので、早く返すつもりです。

続きを見る

悪い匿名さん

一人暮らしでパートを転々としています。生活費が足りなくなり始めてアイフルを利用しました。知名度があるので安心だと思ったからです。借りている所を誰か...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

TOP