カードローンで借入したら一括返済で利息やATM手数料を削減しよう

2017年10月19日

カードローンは、一括返済がお得です。

カードローンは、一括返済をすると利息分を節約することができるってご存知ですか?

できるだけ返済総額を減らしたいとか早く完済したいと考えている人もいると思います。今回の記事は、そういった人にぜひ読んで頂きたい内容になっています。

カードローンで一括返済するとなぜ利息分がお得になるのか、また一括返済するにはどうすればいいのか、といった内容でお届けしていきたいと思います。

経済的余裕があるならカードローンは一括返済しよう

一括返済を勧める男性

一括返済できる程度の経済的余裕があるなら、カードローンは一括返済してしまった方がお得になります。

カードローンで借入する場合、適用金利に応じて利息が発生しますよね。この利息は、借入残高(元金)を元に日割り計算で算出されます。

わかりやすく言うと、借入期間が長引くほど利息がかかります。つまりできるだけ早く借入残高を減らしていけば、それに伴って利息額も減らしていけるというわけです。

月々の返済負担が大きくなり過ぎないように返済計画を立てることは大切ですが、お金に余裕ができた時は一括返済などで早く完済したほうが利息を削減できます。

カードローンを一括返済すればどれくらい利息削減に繋がる?

ここで簡単に3つの返済パターンで、利息をシミュレーションしてみましょう。

1ヶ月目に一括返済した場合、1年で返済した場合、2年で返済した場合では、利息にどれくらいの違いが出てくるのでしょうか?

借入額10万円を金利18.0%で借入したケース

返済期間 金利
1ヶ月目に一括返済 1,502円
1年で返済 10,249円
1ヶ月目に一括返済 20,316円

この表を見れば一目瞭然かと思いますが、返済期間が長引けば長引くほど利息額が大きく膨らんでいっていますね。

一括返済が可能なのであれば、積極的に行なった方が最終的にお得になります。ただ無理に一括返済する必要はありません。

ATMで返済する場合、ATM利用手数料が発生するカードローンもあります。一括返済すれば、ATMを利用する回数も減らせるので、ATM利用手数料を節約できます。

カードローンの一括返済で得する人損する人

スーツを着た二人の男性

カードローンで一括返済をすれば、基本的に利息の削減に繋がりますのでメリットの方が大きいように感じますが、必ずしもメリットしかないわけではありません。

利用する人によっては、かえってデメリットが目立ってしまう可能性もありますので利用する際は注意が必要です。

では、カードローンの一括返済で得する人損する人はどんな人でしょうか?

カードローンの一括返済で得する人

カードローンの一括返済をすることによって得する人は、どういった人か考えてみましょう。

  • 一括返済後も貯金に余裕がある
  • 毎月の家計に余裕がある
  • 冠婚葬祭など費用がかかる行事の予定がない

カードローンの一括返済をしてしまうと、貯金残高が底をついてしまう場合は、あまりおすすめはできません。

また一括返済をする場合は、ある程度まとまったお金が必要になりますから毎月の家計に余裕がなければ一括返済をするのは苦しいでしょう。

他にも冠婚葬祭や子どもの進学など、費用がかかる行事が直近に控えている場合も一括返済はしないほうが良いです。一括返済をすることで行事に支障をきたす可能性があります。

カードローンの一括返済で損する人

カードローンの一括返済で損する人は、先ほどの逆の人ですから以下のようになります。

  • 一括返済後に貯金残高の余裕がなくなる
  • 毎月の家計がギリギリで余裕がない
  • 冠婚葬祭など費用がかかる行事の予定が直近で控えている

こういった状況の人は、カードローンを一括返済してしまうと貯金残高が底をついてしまい“もしもの時(病気や事故を起こした時など)”に大変です。

また家計もマイナスになってしまうリスクなんかもあるため、上記に該当する人はカードローンの一括返済をおすすめしません。

カードローンの一括返済のやり方

電話をかけようか迷っている女性

カードローンの返済は、『毎月◯日にいくら』を決めた上で返済する“約定返済”という方法が一般的です。

約定返済の場合は自動引き落としで返済することも可能ですが、一括返済をする場合は手続きが必要となります。

一括返済の方法や手続きのやり方に関しては、利用しているカードローン会社によって異なります。

まず方法としては、基本的にカードローン会社が指定する口座に銀行振込で一括返済する方法が多いです。

会員専用ページにログインして一括返済の手続きを行い、そこで指定口座の番号を確認することができます。

もしくは、利用しているカードローン会社に電話して、一括返済をしたいと伝えると対応してくれるところもあります。

カードローン別一括返済の手続きのやり方

ここでは、いくつかカードローンをピックアップして、一括返済の手続きのやり方を簡単に紹介していきたいと思います。

消費者金融の一括返済手続きのやり方

消費者金融 一括返済手続きのやり方
プロミス プロミスコールへ電話する
SMBCモビット SMBCモビットのフリーダイヤルへ電話する
アコム ・会員ページで振込先銀行口座と残高を確認の上振込
・アコム総合カードローンデスクへ電話する
アイフル 会員専用ダイヤルへ電話する

銀行カードローンの一括返済手続きのやり方

銀行 一括返済手続きのやり方
三井住友銀行カードローン ・コールセンターへ電話し残高確認の上振込
・会員ページで残高確認の上振込
オリックス銀行カードローン ・メンバーズナビで振込先銀行口座と残高を確認の上振込
・カードデスクへ電話する
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 利用残高を確認の上振込

契約中のカードローンにもよりますが、会員ページなどインターネット上で手続きができる場合電話でして手続きを進めていく場合があります。

いちいち電話をするのは面倒だなと感じる人もいるかもしれませんが、正確な利息を計算するために一括返済する日を決める必要があるのです。

ATMで一括返済するなら端数のことも考えよう

ATMを利用して一括返済する場合は、端数の返済も考えておかなければなりません。ATMでは、1,000円単位以上の取引しかできないため、端数の返済ができない場合があります。

きっちり全額一括返済したいのであれば、少し多めに振込してあとで返金手続きを行うといいでしょう。

細かい手続きが面倒だという人は、直接店舗窓口に足を運んで手続きしたほうが楽に一括返済できるかと思います。

一括返済できるほどの余裕はなくても、任意返済でちょっとでも多く返済していけば、その分利息を抑えることはできますよ。

【まとめ】カードローンは基本的に一括返済するもの

チェックポイントを教える女の子

カードローンは、急な出費が必要になった時など『いざという時に役立つ金融商品』です。つまり“長期的に”というよりは、どちらかといえば“短期的に”利用するのがベストです。

例えば、次の給料日までカードローンで借入して凌ぎ、給料日が来たら一括返済するといった方法が理想的と言えるでしょう。

このような使い方をする場合は、30日間無利息サービスのあるカードローンを選ぶのがおすすめです。実質、利息をかけずにカードローンを利用することができますよ。

審査データ一覧

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.4

平均融資額
16万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

自分はアルバイトなので審査結果が不安だったのですが、無事審査も...

続きを見る

悪い匿名さん

アルバイトでお金がなかったので、生活費を借りました。金利が17.8...

続きを見る

2

アコム

4.4

平均融資額
10万円
総合評価
4.4
  • 30日間無利息サービス
  • 融資まで最短1時間

公式サイトへ

3.0〜18.0%
1万円~800万円
最短30
最短1時間
良い匿名さん

ちゃんと計画的に利用すれば何も不便なことはないし、 対応が悪い...

続きを見る

悪い匿名さん

友人の結婚式などに呼ばれることとなり、それが立て続けに発生した...

続きを見る

平均融資額
-
総合評価
4.4
  • AI技術を用いたAIスコア・レンディング
  • 年0.8%~年12.0%の低金利

公式サイトへ

年0.8%~年12.0%
10万円~1,000万円
※5月10日時点
最短30分
最短30分
良い匿名さん

ATMで取引する用のカードは存在しないので、借入も返済も基本は振...

続きを見る

悪い匿名さん

個人事業主でチェックが厳しいと予想していたのですが意外に早く結...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

掲示板

TOP