320社カードローンを選ぶ

ビジネスローンは金利で選ぶ!個人事業主必見のカードローン

2017年3月6日

「ビジネスローン」を端的に言うと、事業性資金として利用できるカードローンのことです。
一般的なカードローンでは使途は自由と表記していますが、追記で「事業性資金としては不可」となっていることが多いです。

事業者向けのカードローンとして「ビジネスローン」というものがあります。ビジネスローンはおまとめローンと同様、
総量規制の例外として扱われていて、銀行だけではなく消費者金融でも利用することができます。

ここでは事業性資金として利用できるカードローンと事業性資金も含め自由に利用することができるカードローン会社を集めてみました。

「ビジネスローン専門」では金利の低さがポイント

事業者向けの「ビジネスローン」ですが、事業性資金となると高額融資になるでしょう。

借入額が高額になればなるほど低金利のカードローンを選んだほうが返済負担が楽になるんです。

長期借入で「金利の支払いだけで一杯いっぱい…」にならないように、低金利の銀行カードローンをおすすめを紹介します。

三井住友銀行のビジネスセレクトローン

三井住友銀行カードローン

平均融資額
-
総合評価
4.1
  • ローン契約機ならその場でカード受け取り可能
  • 借入限度額が最高800万円
4.0%〜14.5%
10~800万
-
-
商品名 ビジネスセレクトローン
実質年率年 2.125%~(変動金利の場合。固定金利、各種金利優遇制度もあり)
借入限度額 1億円以内
融資スピード 数日~1ヶ月
資金使途 運転資金・設備資金
(決算・賞与資金としてのご利用も可能です)
業歴 2年以上
借入期間 最長7年(据置期間の設定も可能)
返済方法 元金均等返済
担保 第三者保証不要
保証人 (代表取締役全員の連帯保証が必要)
事務手数料 31,500円~73,500円 融資金額によって異なる

■必要書類

  • 1.最新の税務申告書(原本3期分)
  • 2.最新決算期の納税証明書(法人税・消費税)
  • 3.商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書、発行後3ヵ月以内のもの)
  • 三井住友銀行の「法人プロモーションオフィス」に電話
  • 法人営業部にアポイントを取って申込
契約時には来店が必要になるので、インターネットからの申込みはできません。
利用資格は、
①業歴2年以上
②三井住友銀行の取引窓口(エリア・法人営業部・支店)で取引が可能な地域に所在していること
③直近の決算書が債務超過になっていないこと
④税金の未納がないなど、条件は通常のカードローンに比べ厳しくはなっています。

事務手数料がほかのビジネスローンに比べ高い設定になっているのがマイナスポイントですが、融資額が高額になれば他のビジネスローンにはない低金利で融資を受けることができ、長期間ともなればその差は顕著にあらわれることでしょう。
ダメもとでも一度電話をかけてみて、相談してみるのもいいかもしれませんね。

【三菱東京UFJ銀行】融資を活力にかえる「融活力」

カードローン「バンクイック」

平均融資額
200万円
総合評価
3.0
  • テレビ窓口でのスピード手続きが際立つ
  • 専業主婦・年金生活者・学生もOK
1.8%〜14.6%
10万円~500万円
最短30
最短即日
商品名 「融活力」
実質年率年 年2.35%~年9.00%(変動金利)
金利設定は審査によって決定される
借入限度額 500万円~5,000万円
融資スピード 契約から3営業日以降
資金使途 事業性資金
業歴 2年以上
借入期間 1ヶ月~3年以内
※三菱東京UFJ銀行とのご融資のお取引が1年以上のお客さまは5年以内
返済方法 元金均等返済
担保 原則無担保
保証人 第三者保証不要(ただし、代表者の方1名の連帯保証が必要)
必要書類 1.税務申告書(直近2期分)
2. 商業登記簿謄本
3.お借入申込書(HPよりDL可)
4.納税証明書
事務手数料 10,500円 銀行と提携のある商工会議所、または紹介会員の場合不要
特徴は金利が2.35%~9.00%と低金利でビジネスローンが利用できること。しかも提携商工会議所または商工会の会員であれば、0.25%の金利が優遇されるなど他の銀行系に比べて金利面で有利。融資限度額が500万円〜5,000万円で100万円単位で借入することが可能です。ノンバンク系のビジネスローンに比べると審査時間はかかりますが、メガバンクで比較すれば審査や融資スピードは早いといえます。返済方式が1ヶ月ごとの元金均等方式のみ。無担保で第3者保証人不要。場合によっては担保が必要であったり、保証人として代表者1名を連帯保証人としなければならないケースもあります。取引期間は1ヶ月~3年以内ですが、三菱東京UFJ銀行と一定期間取引があれば、5年まで延ばすことができます。

【りそな銀行】

商品名 ビジネスローンスーパーダンク
実質年率年 年14%(固定金利・保証料を含む)
借入限度額 500万円(当座勘定貸越: 50万円~200万円まで)
融資スピード 必要書類提出後3営業日以内
資金使途 事業資金(運転資金・設備支払資金)
業歴 2年以上
借入期間 5年(当座勘定貸越:1年更新)
返済方法 元利均等返済または期限一括返済
(当座勘定貸越:定例返済 (100万円以下は2万円~、100万円超200万円以下は3万円~))
担保 不要
保証人 第三者保証不要(ただし、代表者の方1名の連帯保証が必要)
必要書類 1.本人確認資料(運転免許証またはパスポートもしくは住民票記載事項証明書のいずれか)
2.保証委託申込書
3.借入申込書
4.印鑑証明書
5.(法人)商業登記簿謄本
6.決算書類(法人:直近2年分の決算書 個人事業主:直近2年分の確定申告書)
7.健康保険証
事務手数料 無料
アイフルが保証会社のりそな銀行。もちろん「ビジネスローンスーパーダンク」もアイフルが審査します。都市銀行のビジネスローンとして唯一個人事業主も利用することができます。そして都市銀行のビジネスローンとしては審査期間が比較的短いのが特徴。業歴が2年以上で、個人事業主の場合は確定申告をおこなっていることが利用条件です。当座勘定貸付が可能で、その場合借入限度額は50万円〜200万円の融資を受けることができます。証明貸付方式で融資を受ける場合には、「元利均等返済」か「期限一括返済」の2つの返済方式を選ぶことができます。分かりやすくいえば、分割して返済するか、期限がきたら一括で返済するかの違いです。金利は保証会社のアイフルの保証料が含まれているためビジネスローンにしては高くなっています。申込みはインターネットで仮審査まで受けることができますが、本契約では店舗まで足を運ばないといけません。

銀行以外でビジネスローンおすすめできる4社の消費者金融カードローン

申込みから融資までをスピーディーにおこないたいなら、消費者金融のカードローンがおすすめです。金利は銀行系に比べると高くなりますが、事業資金以外にも使えるなどのメリットもあります。

ビジネクストはビジネス専門のローン

平均融資額
25万円
総合評価
3.8
  • ビジネスローン専門を中心に累計10万口座以上の実績
  • 法人専門のカードローン
8.0%~18.0%
1~1,000万円
-
3~10営業日以内

ビジネクストはアイフルグループの会社で、「個人事業主や中小企業」専門のカードローン会社になります。
過去10万口座以上の実績があり、専門性を極限まで高めたカードローンにになります。

【プロミス】事業者向けのビジネスローンが即日融資で利用できる

4.5

プロミス

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK
4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
商品名 自営社カードローン
実質年率 6.3%~17.8%
借入限度額 300万円
融資スピード 最短当日
資金使途 生計費および事業費
借入期間 最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回
返済方法 残高スライド元利定額返済方式
担保 不要
保証人 不要
必要書類 1.本人確認資料(運転免許証かパスポートまたは健康保険証と住民票)
2.確定申告書(証明年度が前年度分)
3.事業実態疎明書類(営業許可証または受注書・発注書・納品書・請求書・領収書・報酬明細に類する書類(発行日が直近1年以内))
事務手数料 無料

フリーキャッシングの利用者も多いプロミスから、カードローンのように使うことができる事業主向けの「自営者カードローン」。ビジネスローンでありながら最短で即日審査、即日融資ができるのが最大の強み。50万円であれば、最短60分で融資可能。
プロミスを初めて利用する方であれば30日間の無利息期間があり、つなぎ資金として短期利用ならお得です。

またビジネスローンとしては珍しく、事業性資金の他にも生計費としても利用できるので、生活費の補てんにも使えます。
返済も5日、15日、25日、末日の中から期日を選択することが可能なのも◎。
全国にあるプロミスのATMと提携ATMで、限度額内でならくり返し借入ができるので使い勝手が良いビジネスローンですね。

ただ金利などフリーキャッシングと違いがありません!審査通過を目指すならフリーキャッシングの方が良いかもしれません。

【アコム】資金使途自由で小回りがきく!幅広く活用したいならこれに決まり

4.2

アコム

平均融資額
11万円
総合評価
4.2
  • 30日間無利息サービス
  • 融資まで最短1時間
3.0〜18.0%
1万円~800万円
最短30
最短1時間
商品名 ビジネスサポートカードローン
実質年率年 12.0%~15.0% |(12.0%~18.0%)
借入限度額 1万円~300万円|(1万円~100万円未満)
融資スピード 最短即日
資金使途 自由
業歴 業歴1年以上
借入期間 最終借入日から最長8年7ヵ月・1回~89回
返済方法 定率リボルビング方式
担保 不要
保証人 不要
必要書類 1. 運転免許証(交付を受けていない方は個人番号カードや健康保険証等)
2.直近1期分の確定申告書B

申込み当日から融資可能なアコムのビジネスローン。
個人事業主の方であれば総量規制の例外で年収の1/3以上の借入も可能。アコムのカードローンを利用している場合、そのまま「ビジネスサポートカードローン」への切り替えもできます。

通常のカードローンと同様に利用限度額内であれば、くり返し利用できるので事業性資金が急に必要になったときや、事業が安定するまでに必要な運転資金として、是非持っておきたい1枚です。他社から借入している金額や、希望融資額が年収の1/3以上であったとしても、アコムのフリーダイヤルに相談することができ、回答もその場でしてくれるなど利用者への配慮もしてくれますよ。

【アイフル】3種類から選べる返済方法!借入限度額も十分なカードローン

4.2

平均融資額
12万円
総合評価
4.2
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日
4.5%〜18.0%
1,000円~500万円
最短30
最短1時間
商品名 事業サポートプラン(個人事業主)
実質年率年 6.0%~18.0%
借入限度額 1~500万円
融資スピード 必要書類提出後3営業日以内
資金使途 事業資金
業歴 2年以上
借入期間 最長10年(120回)
返済方法 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式・元利定額返済方式
担保 原則不要
必要書類 本人確認書類、確定申告書(青・白)、事業内容確認書(当社所定)
事務手数料 無料

無担保ローンと、不動産担保ローンの2種類あるアイフルの「事業サポートプラン」。

「事業サポートプラン」でも個人事業主か法人事業主で借入れ条件が違うので注意してください。最短即日融資が可能。銀行系よりは審査に通りやすいのかと思いきや、公式サイトに(要慎重審査)とあるので、審査は厳しいようです。利息は利用日数分の日割計算になるので、利用しない限りは金利は発生しません。カードを持っておいて「いざとなったら利用する」そんな利用方法もできちゃいます。返済方式が借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式・元利定額返済方式・元金一括返済方式(カードローン可)と3種類の中から選ぶことができるので、返済設計が立てやすいですね。返済期間は最長10年、返済回数は120回となっており長期間の事業性資金として活用することができます。

そのほか個人事業主向けのビジネスローン

金融機関名・商品名 実質年率 借入限度額 資金使途
スルガ銀行
【スルガカードローン】
14.9% 10~300万円 自由
(事業性資金にも利用可能)
スルガ銀行
【フリーローン】
お問い合わせ お問い合わせ 事業性資金も可
スルガ銀行
【イービジネスダイレクトカード】
12.0~14.9% 50~300万円
(50万円単位)
事業性資金
千葉銀行
【ビジネスローン・ミニ】
4.0%~(変動金利) 最大500万円 事業場必要な運転資金
及び設備資金
東京都民銀行
【ビジネスフリーダム】
4.3~14.5% 10~500万円 事業性資金
(運転・設備・借換)
東京都民銀行
【スモールビジネスローン】
4.0~9.0% 50~1,000万円 健全な運転資金
横浜銀行
【ビジネスフリーローン】
4.8%・8.0%・14.5% 10~500万円以内 事業資金全般

ビジネスローンの選び方を学んで資金繰りをスムーズに

紙飛行機を飛ばす人
会社の経営者などビジネスマンにとって、資金繰りはなかなか頭を抱える問題ですよね。会社を運営するためには、運転資金をはじめ設備投資なども必要になってきます。

いざという時に資金が必要になっても、その時資金面に余裕があるかどうかはわかりません。

こういった時、銀行などから融資を受けることができれば理想的と言えますが、公的資金を受けようと思ったら手続きにそれなりの時間を要してしまいます。

さらに銀行は、審査が厳しい傾向にありますし、なかなかスムーズに融資……とはいかないでしょう。

そんな時は、消費者金融など民間金融機関のビジネスローンを利用するのも1つの手ですよ。

銀行以外のビジネスローンも検討しよう

銀行だけでなくその他民間金融機関もビジネスローンを扱っているところは多く存在しています。

銀行と比べるとやはり無担保・無保証人で借り入れできるところもあり、融資スピードも比較的早いのでスピーディーに融資までたどり着くことができるでしょう。

その分、銀行などのビジネスローンと比べると、金利が高くなる傾向があります。

資金繰りだけでも大変なのに、ビジネスローン選びにまで頭を抱えていてはもっと大変ですね。

きちんとビジネスローンのメリット・デメリットを把握して、最適なビジネスローンの選び方やおすすめのビジネスローンを見つけましょう。

消費者金融カードローンの一覧はこちらから▼
消費者金融一覧ページ

ビジネスローンのメリット・デメリットって何?

ビジネスローンというのは、いわば中小企業や個人事業者向けローンのことを指します。ここでは、銀行のビジネスローンをメインにご紹介していますが、他にも消費者金融やクレジットカード会社でもビジネスローンを扱っているところがあります。

こういった銀行以外の会社が扱っているローンのことを『ノンバンク系』と言うこともあります。では、ノンバンク系ビジネスローンのメリットやデメリットには、どういったものがあるのでしょうか?

ノンバンク系ビジネスローンのメリット

消費者金融やクレジットカード会社といったノンバンク系ビジネスローンのメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 即日融資可能など対応が早いところが多い
  • 振込融資可能なところもあり利便性が高い
  • 銀行ビジネスローンと比較すると審査通過率が高い
  • 担保や保証人不要で利用できる
  • 総量規制対象外

銀行のビジネスローンの場合、低金利で利用できる場合が多いため、できるだけ金利を抑えたい場合には魅力的ですが、審査が厳しいなどのデメリットもあります。

銀行ビジネスローンと比べると、消費者金融やクレジットカード会社といったノンバンク系のビジネスローンは、審査通過率が高く、即日融資も可能なところがある点がメリットと言えます。

他にも担保・保証人が不要のため、手続きもスムーズですし、振込融資なども対応しており利便性が高いのも魅力的です。ビジネスローンに関しては、総量規制対象外なので、年収の1/3なども気にする必要はありません。

ノンバンク系ビジネスローンのデメリット

消費者金融やクレジットカード会社といったノンバンク系ビジネスローンのデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 銀行ビジネスローンと比べると高金利
  • 借入限度額が低いところが多い
  • 業者によっては悪徳業者のところもある

やはり銀行のビジネスローンと比べると、どうしても金利が高い傾向にあります。融資までに多少時間がかかるとしても、低金利で利用したいという場合は、銀行のビジネスローンを利用するのが良いでしょう。

また銀行のビジネスローンよりも、借入限度額が低いこともデメリットとして挙げられます。必要な資金分の融資を得られないことも考えられるので、その場合も銀行ビジネスローンを選ぶことになるでしょう。

稀ではありますが、ビジネスローンを扱うノンバンク系金融機関の中には、悪徳業者も存在するようです。できるだけこういったデメリットを避けてビジネスローンを選ばないと、大損をしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

ビジネスローンを上手に選ぶためのポイント

頭を抱える女性
ここでビジネスローンを上手に選ぶためのポイントをまとめてみました。ビジネスローンの利用を検討している人は、ポイントをチェックしておきましょう。

  • 金利

必要な融資金額とその金額に応じて適用される金利が何%程度になるのか計算してみましょう。金利次第では、返済にかかる負担が大きく変わります。

  • 限度額

必要な融資金額に対してきちんと限度額が満たしているのか確認しましょう。

  • 保証人

法人の場合だと、代表の方に連帯保証が求められることがあります。事前に保証人が必要か不要かの確認も忘れずに。

  • 担保

担保が必要か不要かのチェックもしましょう。有担保ローンや無担保ローンなどビジネスローンによってさまざまです。

  • 融資対象者

利用を検討しているビジネスローンが法人向けなのか個人事業主向けなのかチェックしましょう。また申し込み時に年齢制限や事業実績年数などがあるかどうかの確認も忘れずに。

  • 融資時間

ビジネスローンに申し込みした時から実際に融資が受けられるまでの時間にどれくらい要するのか確認しましょう。必要であれば即日融資可能かどうかも合わせて確認を。

  • 来店

申し込みや契約の手続き、借り入れを行う際に来店する必要があるのかを見ておきましょう。来店不要であれば、忙しい時間の合間を塗って来店する手間がかかりません。

  • 振込融資

利用する金融機関によっては、振込融資サービスを扱っているところもあります。利便性を考えるなら、やはり振込融資サービスがあるところを選ぶのが良いでしょう。

  • 銀行・コンビニATM

ビジネスローンを利用する金融機関によって、対応している銀行・コンビニATMが異なります。どこの銀行・コンビニATMを利用できるか確認しておきましょう。

  • 使途

ビジネスローンの中には、使途が自由(制限なし)のものもあれば、事業性資金のみとしているものもあります。事業性資金以外にも使途が考えられるのであれば、制限なしのものを選ぶ必要があります。

  • 借入期間

ビジネスローンを利用する場合は、借入期間もきちんとチェックしておきましょう。万が一、返済が長引きそうだとなった場合、借入期間が長い方が良いためです。

  • 悪徳業者

民間金融機関のビジネスローンの場合、稀に悪徳業者も紛れ込んでいます。きちんと財務局に登録されている業者か確認しましょう。大手ではないところを利用する場合は、悪徳業者リストをチェックするのも忘れずに。

ビジネスローンの利用前に再度考えておきたいこと

考える女性
ビジネスローンは、急に資金が必要になった時や資金繰りに困った時には、大変便利なローン商品です。しかし本当にビジネスローンが必要かどうか、利用前にしっかりと考えることが大切です。

民間金融機関のビジネスローンは特に金利が高い傾向にありますので、長期借入をすることを考えると金利の負担が大きいです。そのため、ビジネスローンは、次の融資が決まるまでのつなぎ融資として活用するか、または急な資金が必要になった際に活用するのが良いでしょう。

もし融資が必要ということになれば、

  • 公的融資
  • 銀行
  • ビジネスローン

という順番でローンの利用を検討すると良いかと思います。

公的融資としては、『日本政策金融公庫』や『中小企業金融公庫』や『新規開業ローン』などが挙げられます。これら公的融資は、手続きが大変という点はありますが、金利が1~5%と低金利というのが大きなメリットとなっています。

また銀行に関しても、ビジネスローンより低金利で提供している事業者向けローンがあります。融資が必要になったからといっても、すぐにビジネスローンを選択するのではなく、他に方法がないか探してみましょう。

ビジネスローンを利用するなら……

  • 直近で資金が必要になった時
  • 公的資金または銀行から融資してもらえなかった時

こういった急を要する場合に利用することをおすすめします。

ビジネスローンより銀行カードローンが良いケースも

事業の資金繰りを考えるあまり、自身の生活に困っているという場合は、事業資金よりも生活資金を借りるというのも1つの方法です。

個人向け銀行カードローンは、事業性資金としての使途は認められていません。しかし事業者自身が生活費を工面するために借り入れするのであれば、何の問題もありません。このように使途に合わせて、利用すべきローン商品を判断することも大切と言えます。

ビジネスローンまとめ

ビジネスローンは、ビジネスをしている人にとって、資金繰りに困った際など大変役に立ちます。ただすぐにビジネスローンを利用するのではなく、他の方法はないかよく検討してから利用するようにしましょう。

また銀行のビジネスローンを利用するのか、消費者金融やクレジットカード会社のビジネスローンを利用するのかによって金利や融資スピード、審査通過の難易度などが変わってきます。

今すぐ資金が必要なのか、それともできるだけ低金利で利用したいのかなど、事業者のニーズに合わせてビジネスローンを選ぶことが大切です。

審査データ一覧

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

子どもが人の車を傷つけてしまい、急に修理費が必要となったため、...

続きを見る

悪い匿名さん

借入が容易であると友人から聞き、プロミスを利用しました。急な転...

続きを見る

2

モビット

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • WEB完結や郵送・会社への電話・来店すべてなし
  • 即日融資OK

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
良い匿名さん

5年前に自己破産を経験しています。クレジットカードは持っていま...

続きを見る

悪い匿名さん

私は生活費が足りずに困った時にモビットを利用してお金を借りたの...

続きを見る

平均融資額
19万円
総合評価
4.3
  • 最高金利の低さが14.0%と目立つ
  • 限度額10万円~800万円と高額借り入れも可能
    ※ご利用は計画的に

公式サイトへ

2.0%〜14.0%※注釈(1)
10万円~800万円
-
-

※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。
※ご利用は計画的に!

良い匿名さん

勤務先の給与が振り込まれる銀行なので、借入も同じところにしまし...

続きを見る

悪い匿名さん

借り入れも返済も非常に便利で、とても使いやすかったです。これな...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

掲示板

TOP