320社カードローンを選ぶ

大手だけじゃない!地方銀行カードローンの金利は低い?高い?

2017年8月25日

何かの調査をする女性

みなさんは、メインバンクとしてどこの銀行を利用しているでしょうか? 会社の都合で大手・都市銀行を利用している人もいるかもしれませんね。

しかし銀行には、『地方銀行(地銀)』と呼ばれるものもあります。地方銀行は、地域に密着した対応で主に地元の人たちから愛用されています。

そんな地方銀行も当然、カードローン商品を扱っているわけですが、大手・都市銀行と比較して金利や限度額などサービス的にはどうなのでしょうか?

特に銀行カードローンは、低金利が魅力の1つとよく言われます。都銀と地銀で、この金利の差なども知っておきたいところですね。

今回は、すべての地方銀行とはいきませんが、いくつかピックアップして金利を比較していきたいと思います。

都銀と地銀のカードローンの金利を比較

てんびん

銀行カードローンを利用する際、“低金利”を重視してカードローン選びをする人も多いかと思います。銀行カードローンの上限金利の平均は、15.0%と言われています。

もちろん銀行カードローンによっては、15.0%よりもっと金利が低いところも存在します。

消費者金融の上限金利の平均は18.0%ですので、それに比べると低金利ということがわかりますね。

では、ここから都市銀行カードローンと地方銀行カードローンの金利をそれぞれ見ていきたいと思います。

都市銀行カードローンの金利比較表

銀行カードローン 金利(実質年率) 利用限度額
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 1.8%~14.6% 最高500万円
東京スター銀行カードローン 1.8%~14.6% 1万~500万円
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 最高800万円
りそな銀行カードローン 3.5%~12.475% 1万~800万円
新生銀行カードローンレイク 4.5%~18.0% 1万~500万円

まずは、都市銀行カードローンの金利を表にしてみました。上限金利を見た時、一番低金利なのは、りそな銀行カードローン12.475%ですね。

その他の銀行カードローンは、14%台となっております。消費者金融と比較すると低金利なのは確かですね。

では、地方銀行と比較してみた時、金利はどちらの方が低いのでしょうか?

地方銀行カードローンの金利比較表

銀行カードローン 金利(実質年率) 利用限度額
東京都民銀行パーソナルカードローン 9.8%(固定金利) 最高500万円
北國銀行カードローン 5.0%~10.0% 最高300万円
名古屋銀行カードローン 5.5%~10.5% 最高200万円
京都銀行カードローン 3.975%~11.975% 最高500万円
徳島銀行カードローン 9.3%~12.0% 最高500万円

これは、地方銀行カードローンの金利を表にしたものです。一番低金利なのは、東京都民銀行パーソナルカードローン9.8%でした。固定金利というのも特徴的ですね。

他の銀行カードローンの金利も10%~12%となっており、都市銀行カードローンの金利よりも低いことがわかりました。もちろん金利14%台の地方銀行カードローンもたくさんあります。

しかしお住いの地域によっては、地元の地方銀行カードローンの方が低金利の可能性もあることがわかりましたね。

さらに昔からずっと地元の銀行と取引している場合は、カードローンを利用する上で優遇されるケースもあるみたいです。

地方銀行のカードローンも都銀に負けていない

強気な女性

銀行カードローンの大きなメリットとしては、やはり信用性の高さが1つ挙げられますね。特に都市銀行やメガバンクとなると、その信用性はより厚くなるかと思います。

そのため、カードローンを利用する際、大手銀行のカードローンを優先的にチェックしてしまいがちですが、場合によっては地方銀行の方が信用性が高く、金利なども含めてお得になることもあります。

実際先ほどの金利表を見てみると、地方銀行カードローンにも低金利のところはたくさんありましたよね。

地方銀行のカードローンは、利用できる“対象地域”が制限されていることがあります。利用する際は、事前に確認するようにしましょう。

取引している地元の銀行カードローンを利用すべし

ここ最近では、地方銀行もカードローンに力を入れている傾向にあります。地域密着型ということや利便性の高さ、また昔からずっと取引しているといったことから、地方銀行カードローンを利用している人も多いようです。

地方銀行カードローンのデメリットとしては、地域密着型“地元”での利用になるため、周囲の目が気になってしまう点かと思います。

カードローン利用を考えてはいても、店舗窓口で契約するのはちょっと気が引けるという人もいるわけですね。

しかしこの点に関しては、わざわざ店舗に来店しなくてもパソコンやスマートフォンなどからWeb契約ができるところも多く存在しています。

また昔からずっと取引をしている銀行であれば、カードローン利用の条件が優遇されることがあります。例えば、金利が低くなるとか借入限度額が多くなるとかですね。

池田泉州銀行で見る地方銀行カードローンの魅力

スマホを持つ女の子

ここでは、地方銀行カードローンの魅力をわかりやすく伝えるために、池田泉州銀行を例に挙げてお話していきたいと思います。

池田泉州銀行の通常のカードローンは、下記のスペックになります。

商品名 利用限度額 金利
キャッシュカード一体型カードローン 最大300万円 14.5%(一律)

こちらは、パート・アルバイトの方や池田泉州銀行を利用したことがない人でも利用することができます。

一方、池田泉州銀行と取引がある方限定の『Max V(マックスファイブ)』というカードローン商品も扱っています。

では、このMax Vのスペックは、どのようになっているのでしょうか?

商品名 利用限度額 金利
Max V(マックスファイブ) 最大500万円 5.95%(一律)

最初に紹介した『キャッシュカード一体型カードローン』と比較すると『Max V』はかなりスペックが良いですね。

しかしMax Vを利用するには以下の条件があります。

  • 池田泉州銀行と2年以上の取引がある
  • 池田泉州銀行所定の取引をしている
  • 税込年収400万円以上
  • 現在の勤務先に2年以上勤務している

年収や勤続年数は個人差があると思いますが、普段から池田泉州銀行を利用している人からすれば、他の銀行カードローンを利用するよりもずっとお得ということになります。

金利も3分の1程度にまで引き下がっていますので、返済負担はかなり抑えられると思います。

銀行カードローンを利用する際は、まず自分が取引している銀行のカードローン商品のスペックをチェックするところから始めると良いでしょう。

【まとめ】地方銀行カードローンの金利の方が低いこともある

スマホを見つめる女の子

都市銀行カードローンは、金利も低く信用性が高いため、初めてカードローンを利用する人でも安心して申込することができますね。

しかし地方銀行カードローンの中には、都銀のカードローン商品よりも低金利で用意しているところも多いです。

さらに地銀との取引期間が長ければ、通常よりも低い金利や高い限度額でカードローンを利用できることもあります。

上手く活用すれば、都市銀行カードローンよりも地方銀行カードローンの方がお得に借入できる可能性もありますので、ぜひ自分自身が利用している地銀のカードローン商品をチェックしてみてください。

審査データ一覧

関連記事

よく読まれている記事一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

子どもが人の車を傷つけてしまい、急に修理費が必要となったため、...

続きを見る

悪い匿名さん

借入が容易であると友人から聞き、プロミスを利用しました。急な転...

続きを見る

2

モビット

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • WEB完結や郵送・会社への電話・来店すべてなし
  • 即日融資OK

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
良い匿名さん

5年前に自己破産を経験しています。クレジットカードは持っていま...

続きを見る

悪い匿名さん

私は生活費が足りずに困った時にモビットを利用してお金を借りたの...

続きを見る

平均融資額
19万円
総合評価
4.3
  • 最高金利の低さが14.0%と目立つ
  • 限度額10万円~800万円と高額借り入れも可能
    ※ご利用は計画的に

公式サイトへ

2.0%〜14.0%※注釈(1)
10万円~800万円
-
-

※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。
※ご利用は計画的に!

良い匿名さん

勤務先の給与が振り込まれる銀行なので、借入も同じところにしまし...

続きを見る

悪い匿名さん

借り入れも返済も非常に便利で、とても使いやすかったです。これな...

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

条件で探す

掲示板

TOP