320社カードローンを選ぶ

カードローンをおすすめ比較!カードローンの審査に通過しよう!

口コミからカードローンのメリット・デメリットを比較

状況に応じておすすめできるカードローンは変化するので、5種類あるカードローンの「メリット・デメリット」を知って比較しましょう!

消費者金融の特徴

審査が早く、最短1時間で融資できる

金利が比較的高い

今すぐ借りたい・急いでいる人

消費者金融ランキングへ

銀行カードローンの特徴

金利が低く設定されているため返済の利息を安く抑えれる

融資までに2~3日要かかるので、急ぎの方には不向き

金利を重視している人、長期返済の予定の人

銀行カードローンランキングへ

信用金庫カードローンの特徴

既に信用金庫を利用している場合、お得に利用できる

対応している申込地域・返済方法が限られている

地元の信用金庫を既に利用している人・対象地域に在住の人

信用金庫カードローンランキングへ

ろうきん・JAの特徴

地元密着型なので普段から利用している方には安心感がある

会員でなければ申込できないカードローンがある

既にろうきん・JAを利用している人

ろうきん・JAのカードローン一覧へ

カードローン口コミ速報

カードローン口コミランキング

審査データ一覧

カードローンおすすめランキング

借入が可能な時間は?

1

プロミス

4.5

平均融資額
18万円
総合評価
4.5
  • 30日間無利息サービスでお得に借りれる
  • 最短1時間で借りれるので急ぎの方でもOK

公式サイトへ

4.5%〜17.8%
1万円~500万
最短30
最短1時間
良い匿名さん

夫には内緒でパチンコをしているので、遊技をするための資金40万円をお借りしました。パート従業員という不安定な職業ですが、書類審査だけでお金を貸していただけるのがありがたくてこの会社を利用しました。毎月1万円の返済計画で延滞することなく返しており、手持ちに余裕があるときは無人機に入金して返すことができるのはとても便利です。少額から返済できるおかげで生活が困窮することもなく、お金に困ったときは今後も利用していきます。

続きを見る

悪い匿名さん

三井住友銀行の機械でも借りれるのを知ってプロミスにしました。それ以外は普通です。金借りて喜ぶ方がおかしいです。

続きを見る

2

モビット

4.5

平均融資額
17万円
総合評価
4.5
  • WEB完結や郵送・会社への電話・来店すべてなし
  • 即日融資OK

公式サイトへ

3.0%〜18.0%
1万円~800万
最短即日
最短即日融資
良い匿名さん

生活費に困ってモビットでお金を借りました。困ったことに携帯電話料金が払えず、このままだと止まってしまうために、借りました。他にも他社でローンがあったので、すぐに借りられるか不安でしたが、簡単に借りられて助かりました。

続きを見る

悪い匿名さん

子供が大学に合格したので、急いで入学金を用意する必要がありましたが、あいにく妻が入院したので貯金はほとんど使って残っていませんでした。親戚にお金を借りようかとも思ったんですが、あまり親戚に迷惑はかけたくないので、カードローンに申込んで入学金を借りることにしました。カードローンを利用するのは初めての経験だったので、どこに申し込むか迷いましたが、モビットはWEB完結が利用でき手続きが簡単なので決めました。無事に審査に通り入学金を借りることができたので助かりました。

続きを見る

平均融資額
23万円
総合評価
4.3
  • 最高金利の低さが14.0%と目立つ
  • 限度額800万円と高額借り入れも可能

公式サイトへ

2.0%〜14.0%※注釈(1)
800万円
-
-

※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。

良い匿名さん

みずほ銀行の口座を持っている人はサービス含め満足できるでしょう。そうじゃない人は結構不便に感じるかもしれませんね...

続きを見る

悪い匿名さん

借り入れも返済も非常に便利で、とても使いやすかったです。これならまた利用してみたいと思います。欲を言えば、カスタマサポートセンターに質問がある時に、電話がもっとスムーズに繋がってくれたら嬉しかったです。

続きを見る

4

アイフル

4.3

平均融資額
12万円
総合評価
4.3
  • はじめての方なら最大30日間無利息OK
  • 融資まで最短即日

公式サイトへ

4.5%〜18.0%
1,000円~500万円
最短30
最短1時間
良い匿名さん

友達の結婚式が続いたので、すっかり生活費が足りなくて困りました。親に借りようかとも思いましたが、親に迷惑はかけたくなかったので、カードローンを利用することにしました。アイフルを選んだのは、審査スピードが早く即日融資に対応していたからです。
申込みはスマホからおこないましたが、手続きは自動契約機でおこなったので、カードもその場で発行してもらえて助かりました。その日のうちにお金を借りるこができたので本当に助かりました。

続きを見る

悪い匿名さん

ギャンブルで大勝して一括返済する...それは一回叶った。万枚を出して15万を一気に返済したのですが、そこから増額アップの電話が。2度借りることはないと思い増額したのですが気づけば50万の借金ですよ。なんで増額したアイフルお前のせい

続きを見る

5

レイク

4.3

平均融資額
22万円
総合評価
4.3
  • 返済日の自由度が高い他より高い
  • 初回は「30日間無利息」または「5万円まで180日間無利息」

公式サイトへ

4.5%〜18%
1万~500万円
完了画面に表示
最短即日融資※

※平日14時までに、申込と必要書類の確認の完了が必要です。

良い匿名さん

母の急な入院で、入院費がなく<br />
とても困っていたところ、レイクさんで<br />
借りることにしました。<br />
自分が考えていたよりもかなりスムーズに<br />
借りることができて本当に助かりました。<br />
今、返済中ですが利子が少なく<br />
思ったよりも早く返済できそうで感謝です。<br />
やはり、知名度と信頼性があると安心できますし、<br />
困っている人の強い味方ですね。<br />
入院費が足りないとなった時はどうなるかと<br />
思いましたが、一歩踏み出してみて本当良かったです。<br />
ありがとうございます!

続きを見る

悪い匿名さん

無人契約機で借入申し込みをしましたが、その場でカード発行まで行われたので、スピードの面で満足しています。借入希望額が少し希望よりも少なかったのですが、オペレーターの方の応対が丁寧で納得する事ができました。

続きを見る

カードローンおすすめランキング一覧

掲示板

条件で探す

コンペ借入シミュレーター

このシミュレーションでの試算結果は参考値です。実際のご返済内容とは異なる場合がありますので、あくまでも「目安」としてご利用ください。

どれくらい借入ができる?

お金をどれくらいまで借入が可能かわかるシミュレーションです。①実質年率②月々の返済希望額③返済回数④年収⑤他社の毎月返済額を入力し借入可能な金額の試算を見てみましょう。

実質年率

※(元本×年率+1年間の手数料)÷元本×100=実質年率(%)

月々の返済希望額

返済回数

※「ご返済回数」が60回以下となります。

年収

※おおよその年収/半角

他社の毎月返済額

※借入がなければ0

他の借入シミュレーターも見る

カードローンの金利を比較

借入希望額を選択してください。選択した借入希望額ごとに借入希望額の金利が比較できるようになっています。 ※複数チェックして比べることも可能です。

借入希望額の金利比較(~200万)
業者名 10万円 50万円 100万円 200万円
プロミス 15.0%~17.8% 15.0%~17.8% 15.0%~17.8% 10.0%~15.0%
レイク 15%~18% 15%~18% 15%~18% 12%~15%
モビット 3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 3.0%~15.0% 3.0%~15.0%
アコム 3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 3.0%~15.0% 3.0%~15.0%
オリックス銀行カードローン 12.0%~17.8% 12.0%~17.8% 6.0%~14.8% 5.0%~12.8%
みずほ銀行カードローン 14.0% 14.0% 12.0% 9.0%
ジャパンネット銀行 18.0% 18.0% 15.0%~12.0% 10.0%~8.0%
福岡銀行カードローン 14.5% 14.5% 12.0% 10.0%
北陸銀行カードローン 14.6% 14.6% 14.6% 14.6%
静岡銀行カードローン 14.5% 14.5% 12.0% 9.0%

※1コンフォートプラン(変動金利)
※2NOW<EX>

カードローン最低返済額・金利比較表

カードローンを比較するために見るべきポイント

カードローンの特徴やメリット・デメリットを理解したら、次に見なければいけないポイントは業者ごとのカードローンを比較することです。

カードローンを比較すべき重要なポイント

「審査」
「金利」
「融資時間」
「無利息期間」
「返済方法」
の5つになります。

各カードローン業者は利用者を増やすために様々なサービスを展開しており状況に応じた選択が必要です。

審査

カードローンは審査に通過しなければ利用することができません。審査の通過のためのポイントは「信用」で、書類の提出・希望額の設定によって通過する可能性を引き上げることができます。また今すぐお金が必要な時に審査に落ちてしまう即日融資は難しくなり、審査落ちの可能性をできる限りなくすための情報を知っておきましょう。

キャッシングの審査にアルバイトが通過する方法 カードローンの審査で重要な属性や信用情報を調査しよう 深夜の申し込みで即日融資する方法 土日祝にお金を借りたい!休日でも借り入れできるカードローンは?

金利

利息を減らすためには金利が低い方が当然ながら良いのですが、実は低金利=返済額が少ないというわけではありません。

金利が低いだけでは判断せず、しっかり見極めていく必要があります。

低金利で選ぶならここ!オススメカードローンを紹介 消費者金融カードローン利息比較表!10万円借りたら利息をチェック

融資時間

今日中に借りたいという人、土日祝でも借りたいという人は「消費者金融」がおすすめです。

金利は少し高くなるデメリットはありますが、その代わり最短1時間で融資できるカードローンが多数存在しています。

プロミスの審査基準・通過率を2016年のデータから調査 キャッシングの審査にアルバイトが通過する方法

無利息期間

短期間の間に一気に返済予定の方は無利息期間があるカードローンを選べば、かなりお得に利用することができます。

カードローンによって無利息期間のスタート日が「契約日」「借入日」と異なります。



返済方法

各業者のカードローンによって手数料無料のATMは異なっており、普段利用しているATMや銀行口座が手数料かかるのかどうかをあらかじめ把握しておきましょう。

カードローンの金利3.0%と18.0%で返済額の違いを調べてみた

カードローン比較特集

カードローン比較特集一覧

カードローン初心者講座

カードローン初心者講座一覧

お近くのATM・無人契約機を探す

人気キャッシングサービスの無人契約機・ATMを検索

カードローンを審査するおすすめの時期はいつ?

狙い目の時期は平日と月末

月末

平日以外では、月末もカードローン審査の狙い目の時期と言えます。カードローン会社も基本的に月末で売上を締めて集計します。そのため、月末になるとその月の売上ノルマを達成しようとカードローン契約者を獲得するために動きます。

カードローン会社の営業自体が申込者を獲得しようとしますので、ある程度収入があって信用に置けると判断した人には、積極的に借り入れしてほしいという姿勢になります。月末は、カードローン会社が締め日になりますので、信用情報を高めるには絶好のチャンスで、おすすめの時期です。

まずは、少額の借入額で借り入れをして、信用情報機関に対する信用実績を作っていくのが良いでしょう。

ボーナス時期

月末以外では、ボーナスの時期も狙い目です。ボーナスが出ることによって一般の会社員は財布の中が潤いますね。そのため、カードローンを利用する機会が減ります。つまりカードローン会社からすれば、暇になる可能性が高くなるというわけですね。

一般的にボーナスは、6月と12月に支給されることが多いので、この月は、カードローンを利用する人が減少する傾向にあります。このボーナス時期にカードローンの審査をすれば、審査に通りやすくなると言えるでしょう。

決算前

アコムやアイフル、プロミスをはじめとして、ほとんどのカードローン会社の決算月は3月になります。この決算月は、本部から売上を伸ばすように各支店に指示が出ます。そのため、各カードローン会社は、新規契約を増やそうと、多くの人を審査に通そうとします。つまり審査が緩くなりがちというわけですね。

上場会社に関しては、四半期決算になります。上場会社のカードローンを利用する場合は、四半期ごとも審査の狙い目です。上場会社は、株主に業績を公開しなければならないため、決算月はカードローン会社も新規加入者を増やすために頑張ります。

火曜日から木曜日

1週間単位で見た場合、火曜日から木曜日あたりの週半ばが狙い目です。1ヶ月単位で見た場合も、できるだけ月末よりも月半ばにカードローンの審査をするのがおすすめです。

ここに関しても、売上ノルマが関係してきます。各支店の売上ノルマは基本的に月単位で締められます。そのため、ノルマに達していない場合、月末のカードローン会社は、慌ただしくなる可能性があります。

こういったことから、月末や週末は、カードローンの審査に時間がかかるケースも考えられます。当日融資可能のカードローン会社でも、状況によってノルマを翌日・翌週に持ち越し、処理することもあるのです。ですから月末・週末にカードローンを申し込みするよりも、火曜日から木曜日の週半ばがおすすめです。

月中であれば月半ば、一年を通して言えば、6月・8月・11月がカードローン会社の閑散期になるので、この時期を狙って申し込みをすれば、審査にも通りやすくなるでしょう。このようにカードローン利用は、計画的に行うことが大切です。

キャンペーン

カードローン会社によっては、キャンペーンを実施していることがあります。キャンペーンを打ち出している時期は、カードローン会社が売上を伸ばそうと頑張っている時期です。お得にカードローンを利用できるチャンスですので、積極的に検討すると良いでしょう。またカードローン会社が社名を変更した時期なども狙い目の1つと言えます。

決算時期なども審査通過率がかなり高まる時期です。これは、業績を上げて株価を伸ばすためですね。生活費の支払いに困った時や奨学金返済に困った時は、計画的にカードローンを利用するのがおすすめですよ。

【失敗しない】カードローンを比較すべき3箇条

カードローンを比較する際、条件として下記のようなポイントに着目して選んでいくことが求められます。

  1. 金利・手数料が安いかどうか
  2. 希望の金額を借り入れすることができるかどうか
  3. 返済方法・返済期間が自分の返済プランに合っているかどうか

上記の条件をポイントとして、自分に合ったカードローン選びをしていくことが大切です。では、それぞれのポイントについて、どのように確認していけば良いのでしょうか? 具体的に見ていきましょう。

1. 金利・手数料が安いかどうか

カードローン会社選びで大切なポイントの1つとしては、金利・手数料が安いかどうかも挙げられます。カードローンを利用するにあたって、どうしてもかかってくる金利や手数料は、できるだけ安く抑えたいというのが利用者側の本音ではないでしょうか。

特に多額・長期間の借り入れをする場合は、返済にある程度の時間を要してしまうため、金利負担が増えてしまいます。そういった際の負担を減らすためにも、できるだけ低金利のカードローンを比較して選びたいところですね。

金利や最低返済額については「カードローン最低返済額・金利比較表」で業者ごとの金利や返済額を比較することができるので、こちらをご覧ください。

審査が厳しい会社ほど金利が安い?

カードローンの金利については、2010年6月に賃金業法の改定が施行されました。当時の金利上限は、29.2%だったのですが、『借入金額に応じて15%~20%』に引き下げられました。 現在では、20%以上の金利というのは、違法となっています。 基本的にほとんどのカードローン会社は、20%以内での金利を提示しています。もし、20%以上を提示された場合は、悪徳業者ということになりますので注意してください。

金利上限

また、それぞれのカードローン会社は、しっかりとお金を返済してくれる優良な顧客を獲得したいと考えています。 そのため、審査を厳しくしている傾向にありますが、その分金利を下げている傾向にもあります。 カードローンの申し込みをする際は、各カードローン会社の申し込み条件とともに、金利についてもきちんと比較して選ぶようにしましょう。

2.希望の金額を借り入れすることができるかどうか

カードローン会社を選ぶ際は、自分が希望する金額の借り入れができるかどうかも非常に重要となってきますね。

ちなみに、最大借入限度額は、必ずしも実際に借り入れできる金額ではないということを覚えておくとよいでしょう。 借り入れできる金額は、各カードローン会社の審査によって決定されます。そのため、どれだけ借りることができるかというのは、人によって異なるのです。

総量規制について知っておこう

借り入れをする際に頭を入れておきたいのが『総量規制』についてです。総量規制は、借り入れ希望額が年収の1/3以上の借り入れを禁止する制度です。

総量規制とは

ただ銀行カードローンに関しては、規制される法律が異なりますので、総量規制対象外になります。 銀行カードローンは、消費者金融のカードローンと比較すると、審査が遅かったり厳しかったりすると言われています。しかし最近では、口座を持っていれば即日融資できるところなど、比較的借り入れしやすい銀行カードローンも増えつつあるようです。

また少しややこしいですが、『銀行系』と謳っている消費者金融のカードローンに関しては、総量規制の対象となりますので、利用する際は気を付けてください。 法律の違いによって、総量規制の対象となるかどうかが異なり、借り入れの上限金額も異なってきます。借り入れの希望額が大きい場合は、総量規制についてしっかりと理解した上で申し込みを行うようにしましょう。

3.返済方法・返済期間が自分の返済プランに合っているかどうか

カードローンを利用した場合、人によって返済方法や返済期間は異なりますね。その返済方法・返済期間が自分の返済プランに合っているかどうかも、カードローン選びをする際には大切になってきます。

例えば、返済方法でいえば、元利均等返済方式や元金均等返済方式、分割払い、リボルビング払い、残高スライドリボルビング方式など多種多様な返済方法があります。利用する際は、こういった返済方法と自分の返済プランを照らし合わせながらカードローンを比較することも大切です。

返済していく金額に利息が含まれているのか、それとも含まれていないのかといったこともしっかりと確認することを忘れないようにしましょう。

返済期間は借り方によって異なる

返済に要する期間というのは、借り方によって異なってきます。一度借り入れをした後に、限度額に達していないからと言って再度借り入れをしてしまうと、予定していた返済期間よりもさらに期間が延びてしまいます。

返済期間が延びるとどうなるのかというと、延びた分、多くの金利を支払わなくてはいけなくなります。もちろん返済期間中は、支出が増えるわけですからきちんと返済方法・返済期間について確認した上で利用することが大切です。

カードローンを上手に利用していくために

カードローンを上手に利用していくためには、しっかりとカードローン比較を行なって、自分に合ったカードローン会社を見つけることです。もちろん借り入れする場合は、できるだけ少額かつ、短期間で完済するのが良いでしょう。カードローンも言ってしまえば、借金をすることと同義ですから、返済できないということにならないように上手く付き合っていくことが大切です。

カードローンコンペでは、みなさんが最適なカードローン会社選びができるように全国のカードローンのおすすめ比較をしています。カードローン掲載数319社。全国のカードローンを比較して、ぜひ自分にとって最適なカードローン会社を見つけてください。

TOP